NEW

JRA「僕のミスです」痛恨の200連敗、主戦降板から7カ月……野中悠太郎はオセアグレイトの重賞初制覇に「何」を思う? 横山典弘騎手はステイヤーズS(G2)6勝目

【この記事のキーワード】, ,

JRA「僕のミスです」痛恨の200連敗、主戦降板から7カ月……野中悠太郎はオセアグレイトの重賞初制覇に「何」を思う? 横山典弘騎手はステイヤーズS(G2)6勝目の画像1

 5日、中山競馬場で行われた名物レース・ステイヤーズS(G2)は、7番人気のオセアグレイト(牡4歳、美浦・菊川正達厩舎)が優勝。スタミナ自慢が揃った一戦を制し、来年の天皇賞・春(G1)へ大きく名乗りを挙げた。

 レース後の勝利騎手インタビューで「疲れました」と笑ったのは、オセアグレイトを重賞勝利に導いた横山典弘騎手だ。この日は3番手の好位から追走し、最後の直線で逃げ馬を図ったかのように捉える完璧な内容だった。

 これには元JRA騎手の安藤勝己氏も自身のTwitterで「条件戦時代から見せてた心肺機能をノリが引き出した」と横山典騎手の手腕を称賛。「長距離は騎手の腕」と言われるが、横山典騎手はこれでステイヤーズSは岡部幸雄騎手の7勝に次ぐ6勝目だ。

 今年2月のダイヤモンドS(G3)で2番人気に推されるも3着だったオセアグレイトが、52歳の大ベテランの導きでついに重賞初制覇を果たした。

JRA「僕のミスです」痛恨の200連敗、主戦降板から7カ月……野中悠太郎はオセアグレイトの重賞初制覇に「何」を思う? 横山典弘騎手はステイヤーズS(G2)6勝目の画像2

 一方、この勝利を複雑な心境で見守ったのは「元」主戦の野中悠太郎騎手ではないだろうか。

 昨年の3月から今年の5月まで、9戦にわたってオセアグレイトとコンビを組み続けていた野中騎手。これまでの4勝すべてを挙げるなど、まさに二人三脚で一歩ずつ階段を上ったコンビだった。

 試練が訪れたのは、今年5月のメトロポリタンS(L)だ。前走のダイヤモンドSで3着だったオセアグレイトは1番人気。これまで2400mは4走して2勝2着1回3着1回と複勝率100%だったことからも、妥当な評価といえた。

 しかし、結果は5着。レース後、野中騎手が「スローペースだったので途中で動いて行きたかったのですが、動けるスペースがありませんでした」と話した通り、2枠2番からスタートしたオセアグレイトは好位をキープしたものの、周囲を囲まれて動くに動けず……。

 3、4コーナーで次々とライバルの進出を許すと、8番手まで位置を下げたオセアグレイト。最後の直線では、上がり3ハロン最速の末脚で巻き返したものの5着が精一杯だった。

「内枠がアダになったのもありますが、僕のミスでもあります。すみませんでした」

 レース後、そう謝罪した野中騎手は、この敗戦を機にオセアグレイトの主戦を降板……ステイヤーズS当日も中山で騎乗したが、元相棒の背中には大先輩の横山典騎手がおり、見事重賞制覇に導いた。

「メトロポリタンS当時、野中騎手は1月から勝てずに200連敗を喫するなど不調の最中でした。本人がミスと認めている通り、その辺りが慎重になってしまった要因かもしれません。

今年も6月に単勝290.1倍の最低人気馬で逃げ切って勝利したように、元々は『野中“穴”太郎』と称されるほど思い切った騎乗ができる騎手。メトロポリタンSは、本人にとっても痛恨の敗戦だったと思います」(競馬記者)

JRA「僕のミスです」痛恨の200連敗、主戦降板から7カ月……野中悠太郎はオセアグレイトの重賞初制覇に「何」を思う? 横山典弘騎手はステイヤーズS(G2)6勝目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合