NEW

JRA川田将雅に「1番人気でG1を勝てない」を上回る“新ジンクス”誕生!? 前日「レイパパレ勝利」で運が尽きた……?

【この記事のキーワード】,

JRA川田将雅に「1番人気でG1を勝てない」を上回る新ジンクス誕生!? 前日「レイパパレ勝利」で運が尽きた……?の画像1

 6日に行われたチャンピオンズC(G1)は、4番人気のチュウワウィザードが優勝。1番人気に支持されたクリソベリルは4着に敗れ、この秋G1の1番人気連勝は「7」で止まってしまった。

 国内では8戦無敗と無敵状態だったクリソベリル。不利な外枠、+12kgで過去最高の馬体重、そして中間の動きもイマイチで不安要素は満載だった。それでも、単勝オッズ1.4倍という圧倒的支持を得ていた。

 しかし、終わってみれば、まさかの馬券圏外。これには、SNSなどで「川田将雅(騎手)の1番人気は信じるな」、「単勝1倍台の川田は買えない」……など川田騎手の“ジンクス”を挙げ、鞍上批判が飛び交った。

「確かに、川田騎手の手綱さばきは完璧ではなかったかもしれません。向正面でアナザートゥルースと接触する場面もあって、道中のリズムは良くなかったですね。

しかし、最大の誤算はやはり、クリソベリル自身の状態にあったと思います。川田騎手もレース後に『今の具合でよくここまで来てくれた』と話していましたし、万全でなかったことは確かです」(競馬誌ライター)

 それでも、川田騎手が断然人気の馬を馬券圏外に飛ばしたのは事実。先述した“ジンクス”通り、川田騎手は1番人気の馬に騎乗したG1レースでは通算21戦して、わずか4勝と信頼度は決して高いとは言えない。

 そんな川田騎手に新たな“ジンクス”が生まれそうだ。それが「重賞制覇した翌日のG1では勝てない」というもの。

 川田騎手は、チャンピオンズC前日の5日に、阪神競馬場で行われたチャレンジC(G3)でレイパパレに騎乗。圧倒的1番人気の良血馬を勝利に導き、2日連続の重賞制覇が懸かっていた。

「JRAの重賞を通算92勝している川田騎手は、2日連続重賞制覇はこれまで2度あります。ただし、どちらもG1レースは絡んでいません。土曜日に重賞を制した翌日にG1に騎乗するという機会は今回が13回目でした。

その成績はというと、今回を含めて『0-2-1-10』。前日に重賞を勝っているわけですから、『勢いに乗って……』ということがあってもおかしくないのですが、意外にも勝ったことがないんですよね……」(同)

 ちなみに該当する13レースで3番人気以内の馬への騎乗機会は5回あったが、うち3頭を馬券圏外に飛ばしている。

 今回のチャンピオンズC(G1)を勝った戸崎圭太騎手は「目標となるクリソベリルが前にいて、マークをできた」と振り返っているように、G1を勝つには運も必要。前日にレイパパレを優勝に導き、川田騎手の運は尽きていたのだろうか……。

【川田将雅騎手、重賞制覇翌日のG1騎乗機会と成績、JRA通算】
2020年 チャンピオンズC/クリソベリル 4着(1人気)
2019年 天皇賞・秋/ダノンプレミアム 2着(3人気)
2019年 オークス/ダノンファンタジー 5着(4人気) 
2019年 桜花賞/ダノンファンタジー 4着(1人気)
2019年 大阪杯/キセキ 2着(2人気)
2016年 天皇賞・秋/ステファノス 3着(6人気)
2016年 安田記念/サトノアラジン 4着(3人気)
2016年 ヴィクトリアマイル/ウインプリメーラ 10着(10人気)
2015年 天皇賞・春/ラストインパクト 4着(5人気)
2012年 皐月賞/ゼロス 17着(12人気)
2008年 ジャパンC/オースミグラスワン 11着(12人気)
2008年 天皇賞・春/アドマイヤフジ 5着(10人気)
2007年 秋華賞/ザレマ 15着(9人気)

JRA川田将雅に「1番人気でG1を勝てない」を上回る“新ジンクス”誕生!? 前日「レイパパレ勝利」で運が尽きた……?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  9. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?