NEW

木村拓哉「窮屈そうな私生活」に同情の声… 娘Cocomiの「ワガママっぷり」も明らかに?

【この記事のキーワード】

,

木村拓哉「窮屈そうな私生活」に同情の声…  娘Cocomiの「ワガママっぷり」も明らかに?の画像1

 いまや芸能界を代表する“華麗なる一族”となったキムタクこと俳優の木村拓哉。妻は歌手の工藤静香、娘はモデルのCocomiとKoki,という女性主体の家族構成となっているが、その環境下で生活を送る木村に対して一部ファンから同情の声が相次いでいるという。

「12月1日発売の雑誌『女性自身』(光文社)が、工藤が家族に課しているという“食卓のルール”を紹介していたんですが、木村家では午後3時には家族そろって夕食をとるというのです。

これは11月21日に発売された美容雑誌『VOCE』(講談社)で長女・Cocomiがインタビューを受けた時の情報で、他には幼少期から義務づけられているという“食事は野菜から食べる”など木村家の細かいルールも紹介されていました」(芸能ライター)

 家庭内のルールは家の数だけ存在するだろうし、その内容は家族の同意さえあれば自由といえる。とはいえ午後3時というあまりに早いディナータイムに対し、ネット上では「さすがに早すぎない!?」「もはやおやつの時間(笑)」「夜になったら確実にお腹減るでしょ」などといった指摘が相次いでいる状況だ。

 また、こうした習慣は美と健康を重んじる工藤の主導によるものらしく、それに対しては「他にも色々なルールがたくさんありそうだな……」「窮屈そうな生活を送っていそう」といった同情の声もチラホラ。妻の方が2歳年上という所謂「姉さん女房」だが、いくら天下のキムタクでも工藤には逆らえないということだろうか。

 ただ、それに負けじと次女のCocomiは「ワガママ王国の姫」と呼ばれるほど家庭内では好き勝手な生活を送っているという。

「同誌のインタビューによれば、Cocomiは『私が「何か食べた~い」と言うと、家族の誰かが用意してくれたりして、甘えているかもしれません』とのこと。それはデリバリーやテイクアウトといった出来合いものか、他の人間が振る舞った手料理なのか定かではありませんが、仮にキムタクが手料理を用意していたら……と想像すると、一般の家庭と同じく“お父さん”として色々と苦労しているんだな、と複雑な気持ちを抱かざるを得ません(笑)」(エンタメ誌ライター)

 以前には、ウェブサイト「週刊女性PRIME」が家庭内における木村の“存在感の薄さ”について報じていたこともあり、木村家では娘たち含む女性陣が主導権を握っているのかもしれない。

木村拓哉「窮屈そうな私生活」に同情の声… 娘Cocomiの「ワガママっぷり」も明らかに?のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!