NEW

JRA吉田隼人「ちょっと出来過ぎ」阪神JF(G1)ソダシ無傷の4連勝にまさかの「障害」。絶好調の鞍上「1年7か月ぶり」が最大の課題か

【この記事のキーワード】, ,

JRA吉田隼人「ちょっと出来過ぎ」阪神JF(G1)ソダシ無傷の4連勝にまさかの「障害」。絶好調の鞍上「1年7か月ぶり」が最大の課題かの画像1

 13日、阪神競馬場で阪神JF(G1)が開催される。2歳女王の座を狙う18頭の若駒が集結した。

 その中でもひと際注目を集めるのが白毛馬ソダシ(牝2歳、栗東・須貝尚介厩舎)だろう。無傷の3連勝で札幌2歳S(G3)、アルテミスS(G3)を制したソダシ。白毛馬としてはJRA史上初の芝重賞制覇を成し遂げた。

 アルテミスSは2番手からレースを進め、直線で先頭に立つとそのまま押し切る横綱相撲。2着との着差は1馬身3/4だが、見た目以上に強い勝ちっぷりだった。

 レース後、須貝調教師は「力があるのは分かっていたから、騎手には『素直に乗ってこい』とだけ言った」とコメント。馬の能力を高く評価していることが伝わってくる。また、吉田隼人騎手は「しっかり結果を出せているので良かったです。このまま負けずにいってほしいです」と今後の更なる飛躍を誓った。

JRA吉田隼人「ちょっと出来過ぎ」阪神JF(G1)ソダシ無傷の4連勝にまさかの「障害」。絶好調の鞍上「1年7か月ぶり」が最大の課題かの画像2

 今年、全国リーディング7位につける大活躍の吉田隼騎手。すでにキャリアハイの81勝に並んでおり、記録更新は目前に迫っている。重賞5勝は2016年に記録した3勝を上回る自己最高記録だ。

 また、7月の函館記念(G3)を15番人気アドマイヤジャスタで制してから、11月まで毎月重賞を勝っている。先月の京阪杯(G3)をフィアーノロマーノで制した際、インタビューでそのことについて触れられると、「ちょっと出来過ぎですけど、また勝てるように頑張りたいと思います」とはにかんだ。

 鞍上が絶好調なことはソダシにとってプラス材料に思われるが、吉田隼騎手が思わぬ“落とし穴”となるかもしれない。

 実は、阪神JFは吉田隼騎手にとって、今年の初G1となる。なんとG1の騎乗は昨年のNHKマイルCのハッピーアワー以来、1年7か月ぶりだ。

「吉田隼騎手はローカル開催を中心に勝ち星を重ねています。G1開催日も裏開催にいることがほとんどでした。その恩恵でリーディング7位と結果を残しているのは作戦勝ちと言えるでしょう。

ただ、G1の騎乗が久々というのは気になりますね。上位人気が確実なソダシにマークが集中することになると思うので、ジョッキー間での駆け引きが勝負を大きく左右しそうです。G1はトップジョッキーが集結するので、これまでの重賞みたいにうまくいかない恐れもあります」(競馬記者)

 吉田隼騎手のG1勝利は15年の有馬記念(G1)をゴールドアクターで制して以来、約5年間遠ざかっている。また、G1で最後に馬券に絡んだのも3年前のNHKマイルC。G1という舞台に対応できるかが鍵となりそうだ。

 また、ローカル開催を中心に騎乗していたため、今年の騎乗回数が698回に対して、阪神での騎乗は61回。栗東を拠点としていることを考えれば、かなり少ないと言えるだろう。これも歓迎材料ではなさそうだ。

 今年絶好調の吉田隼騎手は久々のG1でも力を発揮することができるのか注目が集まる。

JRA吉田隼人「ちょっと出来過ぎ」阪神JF(G1)ソダシ無傷の4連勝にまさかの「障害」。絶好調の鞍上「1年7か月ぶり」が最大の課題かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!