NEW

JRA武豊メイケイエールは何故「ダメなパターン」でも勝てるのか。武英智調教師が語った意外な内面と、阪神JFへ導入された「秘密兵器」とは

JRA武豊メイケイエール何故「ダメなパターン」でも勝てるのか。武英智調教師が語った意外な内面と、阪神JFへ導入された「秘密兵器」とはの画像1

「3強対決」が色濃い13日に行われる今年の阪神ジュベナイルF(G1)だが、3強の中で最も危うさを秘めているのはメイケイエール(牝2歳、栗東・武英智厩舎)だろう。

 アーモンドアイが引退した今、現役No.1の呼び声も高いグランアレグリアでさえ、2歳時は気性面の幼さから単勝1.5倍に支持された朝日杯フューチュリティS(G1)で3着に敗れている。

 そういった意味で、メイケイエールもまた非常に高い能力を有しながら、同時に危うさを秘めた存在と認識されているようだ。実際に『netkeiba.com』の事前予想では、3強の中で3番手。「どれか1頭、切るならメイケイエール」というファンも多く、馬券的に買い辛い馬であることは紛れもない事実だろう。

 前走のファンタジーS(G3)は、まさに現在のメイケイエールを集約したようなレースだった言える。

 スタートで出負けするも、前に行きたがって道中は引っ掛かり通し……鞍上の武豊騎手が「普通ならダメになるパターン」と漏らしたほど、そのレースぶりは“お粗末”と述べざるを得ないものだった。

 しかし結果は、昨年の2歳女王レシステンシアを0.6秒も上回る2歳日本レコード勝ち。武豊騎手も自身の公式HPで「競馬へ行ったときに張り切り過ぎるのが諸刃の刃ですが、能力は非常に高い」と改めて評価している通り、危ういながらも世代の頂点に立てる素質を多分に秘めているのがメイケイエールだ。

 その上で、今回は距離がさらに200m延長されたマイル戦。それもペースが落ち着きやすい阪神の外回りは本馬にとって試練と言えるだろう。実際に陣営からも「今回は外回りの1600なので不安はある」という声が漏れ聞こえている。

 だが、ある記者は逆に「今が狙い時」という。

「そのレースぶりから、気性難と言われているメイケイエールですが、武英智調教師は『気性は本当にいい』と話していますよ。この馬が行きたがるのはレースだけで、パドックの周回や返し馬はむしろ上手な方。一般的な気性難の馬とは、少し異なります。

メイケイエールは師が『(レースで)前にいる馬を全部抜かすのが、自分の仕事だと思っているようで……』と話している通り、やんちゃというよりは真面目過ぎる馬。ですから、一度『レースとは、こういうもの』ということを覚えれば、競馬ぶりが一変する可能性があります。

そのカギとなりそうなのが、今回から装着しているクロス鼻革。効果はテキメンだったようで、調教の走りも非常にスムーズになっています。有り余るスピードを制御できるようになれば、このメンバーでも楽勝できるだけの能力は秘めていると思いますね」(競馬記者)

 記者が語るクロス鼻革とは、口の閉まり具合を改善する馬具の1つだが、最近ではダノンプレミアムが天皇賞・秋(G1)で装着して4着と復活の兆しを見せている。また、かつては気性面に問題があったディープブリランテの陣営が導入し、日本ダービー(G1)制覇へ導いたことは有名な話だ。

 さらに記者はメイケイエールのコンディションの良さを強調する。

JRA武豊メイケイエールは何故「ダメなパターン」でも勝てるのか。武英智調教師が語った意外な内面と、阪神JFへ導入された「秘密兵器」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!