NEW

JRA吉田隼人「しくじり先生」から学んだ経験。阪神JF(G1)ソダシ「あの時の感じと似ている」人生最大の勝負で大敗したG1・1番人気の悪夢

【この記事のキーワード】, ,

JRA吉田隼人「しくじり先生」ゴールドアクターから学んだ経験。阪神JF(G1)ソダシ「あの時の感じと似ている」人生最大の勝負で大敗したG1・1番人気の悪夢の画像1

「すごいことになってしまいましたね。ありがたいです。馬のおかげです」

 2016年の天皇賞・春(G1)は吉田隼人騎手にとって、忘れたくとも忘れられないレースの1つに違いない。

 2004年のデビューから12年目で、キャリア初となるG1の1番人気。同期の川田将雅騎手や藤岡佑介騎手らが華々しい活躍をする中、ようやく掴んだ「主役」の座だった。

JRA吉田隼人「しくじり先生」ゴールドアクターから学んだ経験。阪神JF(G1)ソダシ「あの時の感じと似ている」人生最大の勝負で大敗したG1・1番人気の悪夢の画像2

 パートナーは前年の有馬記念(G1)の覇者ゴールドアクター。当時6連勝中と天皇賞・春で1番人気になるのも頷ける勢いがあった。特に有馬記念は、吉田隼騎手が落馬負傷の傷が癒えぬ中、“強行軍”で掴みとったG1初勝利。

 スター騎手か、“脇役”か――。吉田隼騎手にとって、今後の騎手人生を左右するレースと言っても過言ではなかった。

 しかし、結果は12着大敗……。レース後、吉田隼騎手が「普段もカリカリしている馬ですが、今日は一番イレ込んでいました」と語った通り、長距離戦において最も大事な気性面をコントロールできず、まさに自滅といった結果だった。

 何故、6連勝中だったゴールドアクターがここまで大敗したのか。当時を知る記者は、吉田隼騎手の技術的な問題や、1番人気のプレッシャー以上に「運がなかった」と話す。

「この年の天皇賞・春はゴールデンウィーク中の開催で、ゴールドアクターが所属する関東からの輸送は渋滞に巻き込まれる危険もあって、大きなリスクがありました。そのため陣営は早めに現地入りする異例の輸送を行いましたが、それが逆にゴールドアクターのリズムを狂わせてしまったそうです。

菊花賞(G1)3着と距離に不安がありませんでしたし、レース中も吉田隼騎手が上手に折り合いをつけていたんですが、レース前の入れ込みで体力を消耗していた分、最後までもちませんでした」(競馬記者)

 さらにゴールドアクター陣営には、枠の不運もあった。1938年の創設から、今年までゴールドアクターが入った17番の優勝はゼロ。隣の18番も1979年にカシュウチカラが勝っているだけと、天皇賞・春は外枠が圧倒的に不利だったのだ。

 一度はスターの座を掴みかけたが“騎手人生最大の勝負”に敗れた吉田隼騎手は、あの敗戦から昨年までの約4年間、重賞勝利はわずか3勝。輝かしい大舞台の頂点から、大きく遠ざかった。

 しかし、あの時の「結果」は吉田隼騎手の人生を左右したかもしれないが「経験」は活きている。

JRA吉田隼人「しくじり先生」から学んだ経験。阪神JF(G1)ソダシ「あの時の感じと似ている」人生最大の勝負で大敗したG1・1番人気の悪夢のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配