NEW

JRA阪神JF(G1)謎は全て解けた! 3強「2頭」切りで「◎」はまさかのサイン!? 困難な2歳戦に臭う「穴」のかほり――

JRA阪神JF(G1)謎は全て解けた! 3強「2頭」切りで「◎」はまさかのサイン!? 困難な2歳戦に臭う「穴」のかほり――の画像1

 いやー、やってしまった……やってしまったのである。

 どうも、宍戸ハレです。

 先週のチャンピオンズC(G1)は、タイムフライヤー「◎」で撃沈。結果は昨年のチャンピオンズCの2、3、4着馬で上位独占だ。

 昨年のチャンピオンズCは高く評価していたし、クリソベリルも外枠で評価を落とした……とれただろうよ。いや、とれてないのである。とれてないどころか、インティも切ってしまっているのだ。

JRAチャンピオンズC(G1)穴予想! ルメール様「騎乗馬選択」にヒントあり!? 「時は来た」再現期待の「◎」逆らう私は愚か者……

 競馬では「タラレバ」は禁物だというが、あえていわせてもらおう。いや、いわせてください。インティも高く評価していたんですよ、ホントに……。

 ただ、昨年後ろから届かなかったタイムフライヤーが本命。その流れなら、他の馬にねじ伏せられているだろうと……。

 ただ、いつまでも落ち込んでいられないのである。気持ちを切り替えて、阪神JF(G1)の予想に入るとしよう。

 今週は、これまた困難な2歳戦だ。ふむふむ……やはり臭うのだ「穴」のかほりが。

 3戦全勝のメイケイエールは、いかにも怪しい人気馬。道中かかりながらも3連勝とポテンシャルが高いのは確かだが、1200m、1400mと走ってきたメイケイエールが1600mを克服できるかには疑問が残る。

 ん?松坂桃李の結婚で8枠が??――ないない。そんなサインを私は信じないのだ。

 一見、安心かに思えるサトノレイナスにしても、デビューからの2戦はともにスローペース。前走のサフラン賞(1勝クラス)にしても、C.ルメール騎手の完璧すぎる騎乗が勝利を招いたに過ぎないのではないか。

 今回の出走馬の中で直接対決があったのは過去に6レース。これらのレースを振り返りながら、各馬の能力を探ってみたい。

 まず、直近にあったのが白菊賞(1勝クラス)。エイシンヒテンとナムラメーテルが出走し、エイシンヒテンが逃げ切り勝ちを収めている。しかし、あまりにもドスローで流れが軽すぎる。エイシンヒテンは、これまで5戦して前回の恵まれた流れで2勝目。本番では通用しない可能性が高いと見る。

 ナムラメーテルは2番手を追走しながらもシンガリ負け。これが能力というなら一銭も買えないが、初戦の内容からはこれが能力とは考えづらい。軸としては信頼できないが、大穴候補としては抑えてもいいのかもしれない。

 次はファンタジーS(G3)だ。こちらはメイケイエールが勝利。それに3/4馬身まで迫ったのが、オパールムーンだ。

 メイケイエールは先述した通り、やはり「かかり癖」がネック。今回大外「18番枠」を引き、序盤は後方に下げる競馬を試みるだろう。もちろん折り合えばチャンスのある馬だとは思うが、1600mの距離でそんなに上手いこといくものか……。

JRA阪神JF(G1)謎は全て解けた! 3強「2頭」切りで「◎」はまさかのサイン!? 困難な2歳戦に臭う「穴」のかほり――のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
4JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
7ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
8秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
9「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?
10年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?