NEW

JRA武豊ドゥラモンドで朝日杯FS(G1)「21連敗」阻止!? 「空気の読めないイタリア人」発言から5年…… 最も勝利に近づいたのはエアスピネルではない?

JRA朝日杯FS(G1)武豊ドゥラモンドで「21連敗」阻止!? 「空気の読めないイタリア人」発言から5年…… 最も勝利に近づいたのはエアスピネルではない?の画像1

 1987年のデビューから数々の記録を塗り替えて来た武豊騎手。51歳となった現在でもトップジョッキーとして存在感を見せている競馬界のレジェンドだ。

 そんな武豊騎手でさえ、いまだ勝利に手が届いていないのが20日に阪神競馬場で行われる朝日杯FS(G1)である。14年に中山競馬場から阪神競馬場へと条件が変更。悪い流れを断ち切るきっかけとなるかと期待されたが、残念ながら未勝利が続いている。

 第一人者の武豊騎手だけに、”競馬界の七不思議”などということもまことしやかに言われているが、これには敗れた相手がいずれも大物揃いだったことも見逃せない。

 94年に初参戦してこれまで【0.5.2.13/20】と20戦未勝利と不名誉な記録ではあるが、以下は2着に敗れたレースの騎乗馬と勝ち馬である。

■武豊騎手が2着の朝日杯FS(朝日杯3歳S時代含む)
19年 タイセイビジョン(サリオス)
15年 エアスピネル(リオンディーズ)
98年 エイシンキャメロン(アドマイヤコジーン)
95年 エイシンガイモン(バブルガムフェロー)
94年 スキーキャプテン(フジキセキ)

 こうしてみると持っている男・武豊にしては運が悪いと思える勝ち馬ばかりである。騎乗馬で後にG1を勝った馬はいない。これに対し、優勝馬は翌年以降もG1を勝利した馬や幻の三冠馬といわれたフジキセキや引退後は種牡馬となったリオンディーズなどいずれも強敵揃いだった。

 有力馬の騎乗が多い武豊騎手だが、不思議なことに朝日杯FSで1番人気馬に騎乗したのはエアスピネルとブレイクランアウトのわずか2回しかないというのもなかなか勝てない理由の一つといえる。

 中でも特に大きな注目を集めたのは15年のエアスピネルでの2着だろう。同馬の母エアメサイアは現役時代にコンビを組んで秋華賞を勝利した縁のある馬でもある。その子供エアスピネルはデビューから2連勝でデイリー杯2歳S(G2)を楽勝して挑んだのが朝日杯FS。勝利の瞬間を待ち望んだのは武豊騎手だけではなく競馬ファンも同じだったに違いない。

 レースでは直線半ばから力強く抜け出し、悲願にあと一歩というところまで迫ったものの、後方から1頭だけ異次元の脚で追い上げて来たリオンディーズの前に後れを取っての2着敗退。またしても勝てないジンクスは継続したのである。

 武豊騎手はレース後「勝った馬が強過ぎました」と完敗を認めた。後日、ボートレースのイベントに出た際に「空気の読めないイタリア人がいたもんで……」と、勝ち馬に騎乗していたM.デムーロ騎手をいじって笑いに変えたが、内心は期するところもあったはずだ。

JRA武豊ドゥラモンドで朝日杯FS(G1)「21連敗」阻止!? 「空気の読めないイタリア人」発言から5年…… 最も勝利に近づいたのはエアスピネルではない?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配