NEW

JRA三連単「285万円」の大波乱! C.ルメールに日本ダービー(G1)を意識させた「史上最高配当」の立役者が新天地へ

【この記事のキーワード】,

 新天地での復活なるか――。

 17日、川崎競馬場で行われる麻生オープンに、元JRA所属馬コズミックフォース(牡5歳、大井・藤田輝信厩舎)が出走を予定している。

 本馬は8月21日にJRAの登録を抹消。新天地での復活を賭け、大井の藤田輝信厩舎に転厩していた。

 今回が地方競馬での初出走となるが、ダート戦は中央で経験積み。オアシスS(L)とアハルテケS(OP)ではともに5着と健闘しているだけに、大井での活躍が期待されている。

 コズミックフォースといえば父にキングカメハメハ、2008年の阪神JFの3着馬ミクロコスモスを母に持つ良血馬。デビューから2戦をC.ルメール騎手が騎乗したように、将来を期待された馬であった。同騎手は未勝利戦を勝ち上がった際に「これからもっと馬が良くなってくれば、来年のダービーに出られると思いますよ」とその素質を高く評価していた。

 3戦目の京成杯(G3)では、初重賞ながらも2着と健闘。4戦目のすみれSを5着に敗れ、皐月賞出走は叶わなかったが、ルメール騎手のコメントからはその期待度が窺い知れた。

「もう少し距離が欲しい。それに、エンジンのかかりが遅いので広いコースの方がいいね。府中の2400mならまた違うと思うよ」

 未勝利勝ちの際にコメントした言葉は決してお世辞ではなく、本気で日本ダービーを目指せる馬だと感じていたのだろう。

 日本ダービーへの最終切符、プリンシパルSで接戦をものにしたコズミックフォースは無事に本番へ。しかし、3歳ナンバーワンを決定するダービーの舞台。意外にも16番人気という低評価であった。

 プリンシパルSを勝った馬としては単勝オッズ223.7倍と人気薄。これまで殆どのレースで鞍上を務めてきたルメール騎手がステルヴィオ(6番人気)を選択し、G1実績が見劣る石橋脩騎手へと乗り替わったこともあるのだろう。

 だが、この大一番でコズミックフォースは最高の走りを披露したのである。

 レースでは好スタートを切ったコズミックフォースが積極的な先行策。外から皐月賞馬エポカドーロがハナを奪うと、2列目の外でレースを運んだ。

 3コーナーでは外から進出し、逃げるエポカドーロと真っ向勝負。最後の直線では外から迫ったワグネリアンが前2頭を差し切ったが、2着エポカドーロとは僅かクビ差の接戦だった。

 16番人気のコズミックフォースが3着に入線したことでレースは大荒れ。三連単は「285万6300円」と、日本ダービー「史上最高配当」を記録した。

 あれから約2年半、今度は大井の舞台で再出発を果たすコズミックフォース。芝で頂点に立つことはできなかったが、地方で再び輝きを取り戻すことが出来るだろうか。

JRA三連単「285万円」の大波乱! C.ルメールに日本ダービー(G1)を意識させた「史上最高配当」の立役者が新天地へのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち