NEW

武豊に語った松田国英調教師の「究極の喜び」。ウオッカが勝って嬉しい「クラッシャー」と揶揄された“壊し屋”の意外な素顔

【この記事のキーワード】,

JRA武豊に語った松田国英調教師の「究極の喜び」。ウオッカが勝って嬉しい「クラッシャー」と揶揄された壊し屋の意外な素顔の画像1

 20日の朝日杯フューチュリティS(G1)にジュンブルースカイを送り込む友道康夫調教師は、かつて松田国英厩舎で調教助手をしていた経験があり、松田調教師の助言で調教師を目指した「弟子」でもある。

 他にもダート王コパノリッキーを管理した村山明調教師、エリザベス女王杯(G1)を勝ったクィーンスプマンテを手掛けた小島茂之調教師、そしてウオッカで日本ダービー(G1)を勝つなど、名実ともに日本競馬を代表する名伯楽の1人になった角居勝彦調教師も松田調教師の弟子だ。

 そんな馬だけでなく「人」も育てた松田調教師といえば、G1・4勝のダイワスカーレットを思い出す人も多いのではないだろうか。中でも、ウオッカとハナ差の名勝負を演じた天皇賞・秋(G1)は、今でも多くのファンの間で語り草となっている。

「あれは結構堪えました。宿敵というか、ウオッカに負けるというのは」

 そう当時を振り返ったのは、『武豊TVII』(フジテレビ系)に出演した松田調教師だ。ゴール前でピッタリと鼻面を合わせたウオッカとダイワスカーレット。師が「間の取り方が長かったですし」と言えば、武豊騎手も「長かったですねえ」としみじみと振り返った写真判定は約13分間に及んだ。

 また、ウオッカを管理する角居調教師も「死刑判決を待っているような心境」(Number/文藝春秋より)と生きた心地がしなかったと語っている。どちらが勝ったのかは、その場にいた誰にもわからなかった。

 そんな中で松田調教師はゴール板を過ぎた瞬間は「勝ったか、負けたか」に意識が集中していたが、やがてダイワスカーレットが1完歩、2完歩と歩を緩める内に、激戦を走り抜いた影響で「大丈夫かな、故障してないかな」という心境になっていたという。

 実際にこの天皇賞・秋を迎えたダイワスカーレットは決して、順調ではなかった。春の始動戦となった産経大阪杯(当時G2)勝利後に右前脚の管骨骨瘤を発症。春を全休し、ぶっつけ本番で挑んだレースだった。

 結果は、わずか2㎝の差でウオッカに軍配が上がった。ただ、松田国調教師には悔しいとは別に「異なる思い」もあったという。

「G1で、1と2着はえらい違いだけど、アンカツさん(安藤勝己氏)にしろ、武豊にしろ、(ウオッカの馬主の)谷水さんにしろ、角居にしろ、厩務員からみんな知り合いだから」

 どちらが勝とうが、この年の天皇賞・秋は後世に長く語り継がれる名勝負。勝ち負けより先に、馬も人も無事にレースを終えることが一番……松田調教師の脳裏には、すでにそんな感情があったのかもしれない。

「『究極の喜び』っていうのかなあ」

武豊に語った松田国英調教師の「究極の喜び」。ウオッカが勝って嬉しい「クラッシャー」と揶揄された“壊し屋”の意外な素顔のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】