NEW

パチンコ「伝説的」な大敗が話題に…2020年「最恐」の実戦を振り返る!!

【この記事のキーワード】,

パチンコ「伝説的」な大敗が話題に…2020年「最恐」の実戦を振り返る!!の画像1

 パチンコ・パチスロは「ギャンブル」ではなく「遊技」であるとするのが一般的な通説である。

 しかし、国際カジノ研究所の木曽崇氏は「パチンコ・パチスロは適度なギャンブルであり、違法性はない」と解説。現在はその見解が広まっている。

「適度」というワードは重要だ。多くの機種は大当り後に液晶などで「パチンコ・パチスロは適度な遊びです」という文字が表示されるようになっている。

 それは個人の裁量で大きく異なる「物差し」だ。多くの資産を持つ人にとっては1日10万円の負けであっても「適度」かもしれないが、状況に依っては2000円であっても過度な負けとなることもあるだろう。

 自身でどれだけ許容できるか把握することが肝要で、そのような自制が出来る「大人の遊び」がパチンコ・パチスロではないだろうか。

 しかし、時には負けを取り返すため、引くに引けない精神状況となる場合も存在する。

 現行機種では10万円負けも難しい状況であるし、多くのユーザーはこのような大負けとなる前に「自制」し、撤退を選択するかもしれない。

 そんな中、ある実戦動画にて収録された「記録的な大敗」が話題を呼んでいる。その動画は『神回【パイレーツオブダイナマイトキング】新台92%の爆裂機で人生最大のさらば諭吉』だ。

 人気動画チャンネル「ごみくずニートの人生」にて配信されたこの動画は、概要欄に「このようなことはごく稀です」と注意書きがされるほどの内容である。

 何故なら、恐らくパチンコ・パチスロ動画史上最大レベルの負け額となっているからだ。コメント欄には恐怖の声が上がっている。

 実戦機種の『Pパイレーツオブダイナマイトキング』は継続率が約92%という爆発仕様。玉がヘソに入った後にクルーンでの抽選も存在するため、他機種に比べ投資スピードも早いマシンだ。

 もちろん、多くの金額を取り戻せるポテンシャルを持つ機種ではあるが、同チャンネルの「適度」は懐が深い。

 このことについて、実戦者は「底なしについてなくて前代未聞の日だった」とコメント。必ずリベンジするとモチベーションを上げている様子であった。

 気になった方、ご興味がある方は「伝説的な負けっぷり」を是非チェックしてみてはいかがだろうか。

 

パチンコ「伝説的」な大敗が話題に…2020年「最恐」の実戦を振り返る!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合