NEW

JRAエアグルーヴ半弟の衝撃再び。重賞2勝馬、ダービー3着馬を「意外な馬」が返り討ち!? G1・3着の「大物」が逆襲へスタンバイ

【この記事のキーワード】,

JRAエアグルーヴ半弟の衝撃再び。重賞2勝馬、ダービー3着馬を「意外な馬」が返り討ち!? G1・3着の「大物」が逆襲へスタンバイの画像1

 16日に川崎競馬場で行われた全日本2歳優駿(G1)は船橋所属の2番人気アランバローズが優勝。2着には浦和所属の6番人気ランリョウオーが入り、地方所属馬のワンツー決着となった。

 JRA勢は8番人気ルーチェドーロの3着が最高で、1番人気デュアリストは7着に終わった。

 全日本2歳優駿で地方馬が勝つこと自体は珍しくないが、1、2着を独占するのは2009年以来、11年ぶりの出来事だ。今年はJBC2歳優駿(G3)でも上位2頭は地方馬と、2歳ダート界ではJRA勢より地方勢の方が優勢となっている。

 だが、これは2歳馬に限った話ではなく、JRAから地方競馬に移籍した有力古馬が返り討ちに合うということが起こった。

 17日、川崎競馬場で中原S(OP)が行われ、そこにはJRAでもお馴染みの馬も出走した。

 2018年の日本ダービー(G1)で3着だったコズミックフォースが地方移籍初戦として出走。JRAで重賞2勝の実績を持ち、東スポ杯2歳S(G3)ではスワーヴリチャードを破ったブレスジャーニーも地方移籍2戦目で参戦した。

「中央>地方」という序列が一般的に定着しているように、中央で鳴かず飛ばずの馬が地方で活躍することは珍しくない。そのため、コズミックフォース、ブレスジャーニーにかかる期待は大きかった。

 しかし、結果は川崎所属のディアライゼが優勝。1馬身差の2着にコズミックフォース、さらに3/4馬身差の3着にブレスジャーニーという結果に終わった。

 だが、実はディアライゼも元々は中央所属馬である。中央での成績は11戦1勝と未勝利戦でしか勝ったことのない馬だった。それが地方移籍後は[8-1-1-0]の圧倒的な成績を残しており、6連勝でオープンクラスをついに制した。

「過去にはエアグルーヴの半弟モノポライザーが中央で結果が残せず、佐賀競馬に移籍して破竹の8連勝ということもありました。ノンコノユメやサウンドトゥルーなど、中央の実績馬が地方でも活躍することもありますが、必ずしも中央の成績と地方の成績がリンクするというわけではありません。砂の深さ、小回りコースといったところがその要因でしょう。

そのため、ディアライゼは地方競馬の方が合っていたということです。中央時代に太刀打ちできなかった相手に勝利したぐらいですから」(競馬記者)

 中央時代とは打って変わって、スターダムへとのし上がったディアライゼ。今後は、初の重賞挑戦へとコマを進めることだろう。

 ちなみに、ディアライゼの父プリサイスエンドはダートで多くの活躍馬を輩出中。その代表産駒は17年の根岸S(G3)を制し、フェブラリーS(G1)でも3着に好走したカフジテイクだ。

 そんなカフジテイクは7月22日付で中央競馬の登録を抹消され、大井競馬に移籍した。

 その初戦は24日に大井競馬場で行われる金盃トライアル(OP)が予定されている。こちらはどのような結果になるだろうか。

JRAエアグルーヴ半弟の衝撃再び。重賞2勝馬、ダービー3着馬を「意外な馬」が返り討ち!? G1・3着の「大物」が逆襲へスタンバイのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  4. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  5. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  6. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  7. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. JRA岩田康誠「騎手が下手くそ」格下相手の惜敗に自虐節!? 七夕賞(G3)武豊がG1馬に導いた逸材が復活の兆しを示した分岐点