NEW

平手友梨奈「そういうの見たことがなかったので…」思わず困惑? 岡田将生「困っていたみたいです」共演者アピールも空振り……

【この記事のキーワード】

,

平手友梨奈、共演者からのセクハラ疑惑が発覚!? 「そういうの見たことがなかったので…」男性のアレに思わず困惑?の画像1

 来年1月公開予定の映画『さんかく窓の外側は夜』。その完成披露試写会が12月15日に行われ、ダブル主演を務める岡田将生と志尊淳、平手友梨奈滝藤賢一らが登壇したのだが、その中で披露された滝藤のあるエピソードが物議を醸しているという。

 本作は、霊が祓える男・冷川(岡田)と霊が視える男・三角(志尊)が二人で“除霊”を行いながら、怪奇事件に挑んでいくホラーミステリー。本作の魅力や共演者同士の印象などが語られるなかで、話題は滝藤の「筋肉自慢」話となり、岡田と志尊によると滝藤は鍛えた筋肉を周囲に自慢していたようで、そのアピールは女性陣の平手友梨奈にも及んだとか。

 それに対し、平手は「奥さんに見てもらっても何も反応がないから見て?」と滝藤から写真を見せられた様子を再現し、「すごかったです。男性のそういうの見たことがなかったので……」と、微笑みながら滝藤の筋肉美を褒め称えていた。

 だが、そんな平手に岡田が「てち(※平手の愛称)は困っていたみたいです。何て返せばいいかわからないって」と暴露したことで、一部ファンから「セクハラなのでは!?」「女性の中には、男性の裸が苦手な人もいる」との指摘が。滝藤の“筋肉自慢”が思わぬ形で批判を呼ぶことになってしまったようだ。

 ただ一方、肉体のパフォーマンスという意味では、平手も負けていない様子。12月9日に生放送された音楽特番『2020 FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ系)ではソロ曲『ダンスの理由』を披露し、その圧巻のパフォーマンスは欅坂46時代を彷彿させるものがあった。

 この出演をキッカケに、ファンの間では「アーティストとして復活して!」「ソロでも活躍してほしい」などといった声が続出。すでに女優業では、来年2月公開予定の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』への出演も決定するなど、さまざまな作品で存在感を放っているだけに、今後は幅広い分野でファンを存分に楽しませてくれそうだ。

平手友梨奈「そういうの見たことがなかったので…」思わず困惑? 岡田将生「困っていたみたいです」共演者アピールも空振り……のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!