NEW

JRA朝日杯FS(G1)「買うべき」「消すべき」が人気馬で真っ二つ!? 先週の結果を武器に渾身予想。「前走一変」の穴馬も浮かび上がる「激アツ情報」とは

JRA朝日杯FS(G1)「買うべき」「消すべき」が人気馬で真っ二つ!? 先週の結果を武器に渾身予想。「前走一変」の穴馬も浮かび上がる「激アツ情報」とはの画像1

 20日、阪神競馬場で朝日杯FS(G1)が開催される。昨年の勝ち馬サリオスは皐月賞(G1)、日本ダービー(G1)で2着に健闘し、世代No.2牡馬として活躍した。

 過去10年の3連単平均配当は8万4778円と波乱傾向にある。上位人気3頭で決着した3年前だけが2630円と低配当だったが、それ以外はすべて3万円超えと高配当が続いている。キャリアの浅い2歳戦ということで、力関係の見極めが難しいことが荒れる要因である。

 今年の出走メンバーは3頭の無敗馬に加えて、デイリー杯2歳S(G2)、京王杯2歳S(G2)、新潟2歳S(G3)の勝ち馬がおり混戦模様だ。「強力現場情報」をもとに朝日杯FSをハナビ杉崎が攻略する。

 先週の阪神JF(G1)は「◎」インフィナイトがまさかの14着。このリベンジを込めた渾身の予想で的中を狙う。

 まず「◎」はステラヴェローチェ(牡2歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 2戦2勝の無敗馬。不良馬場で行われたサウジアラビアRC(G3)は2着に3馬身差をつける圧勝だった。先週はソダシでG1を勝った厩舎の勢いに乗っかりたい。

「前走は強い勝ち方でしたね。横山典弘騎手も『綺麗なフットワークだし、決して道悪が得意という訳ではない。根本的な能力が抜けていたんじゃないかな』と絶賛していました。陣営も良馬場の方が向いていると話しています。

同じバゴ産駒のクロノジェネシスは馬場の渋った宝塚記念(G1)で圧勝したイメージが強いですが、良馬場の大阪杯(G1)、天皇賞・秋(G1)でも好走しているので、この馬も良馬場でも走りそうですよ」(競馬記者)

「問題は右回りに変わる点ぐらいですかね。初戦ではずっと外に張っていたので。ただ、その時よりも心身共に成長していますし、今なら大丈夫だと思います。ソダシで重賞を勝って厩舎は凄くいい雰囲気ですし、今週も続きたいです」(厩舎関係者)

 阪神JFで4番人気のインフィナイトも「道悪巧者なのでは?」という疑念が囁かれていており、それが的中する形で14着に惨敗。ステラヴェローチェもデビューから一度も良馬場を走っていないという懸念材料がある。だが、問題ないと信じて本命に指名する。

JRA朝日杯FS(G1)「買うべき」「消すべき」が人気馬で真っ二つ!? 先週の結果を武器に渾身予想。「前走一変」の穴馬も浮かび上がる「激アツ情報」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声