NEW

JRAターコイズS(G3)トロワゼトワルに「悪夢」再び……京成杯AH連覇も「同コース」に蘇るデジャヴー!?

【この記事のキーワード】, ,

 19日、中山競馬場の芝1600mで行われるターコイズS(G3)に、トロワゼトワル(牝5歳、栗東・安田隆行厩舎)が出走を予定している。

 鞍上は、今年のCBC賞(G3)でラブカンプーに騎乗し、人馬ともに初の重賞制覇となった斎藤新騎手。13番人気ながら積極果敢にハナを奪い、華麗な逃げ切り勝ちを決めたのは記憶に新しいところだ。

 昨年の京成杯AH(G3)では、逃げ切りを収めているトロワゼトワル。斎藤新騎手とも手も合いそうなだけに、若手のホープに期待がかかる。

 今年、トロワゼトワルは2走前に京成杯AHで、同レースの連覇を達成。「中山マイル」適性の高さを見せつけた馬だ。

 前走は東京1800mで4着に敗れたが、今回のターコイズSは京成杯AHと「同コース」。これまでの実績を考えてもコース替わりはプラスとなるだけに、期待は高まるところだろう。

 しかし、昨年のターコイズSでは4番人気ながら最後の直線で失速。ハナを切れず、まさかの最下位と惨敗を喫した。

 その原因となったのが、状態もさることながら8枠16番の大外枠。陣営も「暖かい時期の方がいいタイプかもしれません。今回は枠順やハンデなど、この馬には条件も厳しかったです」と大外枠だったことも敗因の一つであったことを示唆している。

 重賞2勝のベストコースで昨年の雪辱に燃える今回だが、あろうことか今年も「悪夢」の8枠16番と大外を引き当ててしまった。

 同コースの内枠有利はデータからも見てとれる。

■2020年中山芝1600mの枠番別成績(着順、単回収率、複回収率)
1枠 9- 4- 10- 71/ 94 207 121
2枠 8- 4- 3- 81/ 96 73 82
3枠 4- 10- 8- 74/ 96 42 90
4枠 7- 5- 5- 83/100 71 62
5枠 7- 10- 7- 81/105 74 89
6枠 9- 7- 10- 84/110 67 69
7枠 5- 12- 6- 87/110 25 64
8枠 8- 5- 9- 90/112 55 70

 最初の2コーナーまでの直線距離が240mと短いため、先行争いが激しくなりやすいコース設定。外枠は常に外々を回らされる可能性も高く、回収率が低いのがわかるだろう。

 回収率が低いということは、人気薄の激走が見込みづらいということ。紛れなどでの好走はほぼ見込めず、内枠よりも不利ということだ。

「2年連続の大外枠。抽選とはいえ、なんともツイてない枠となってしまいました。状態に関しては昨年より走れる状態のようですが、今年は57kgを背負うことになります。昨年と同じ大外枠でもありますし、今年も厳しい戦いを強いられそうですね……」(競馬記者)

 確かに、昨年は55kgでの出走だったのが、今年は京成杯AHを連覇したことでハンデも57kgとトップハンデ。状態はともかく、条件的には昨年よりも厳しくなる。

 安田隆厩舎の管理馬では、デュープロセスでプロキオンS(G3)、カペラS(G3)と、2度重賞での騎乗依頼を受けている斎藤騎手。昨年リーディング1位に輝いた名門厩舎からの騎乗依頼にこれまで1度も勝利という結果で応えられていないだけに気合も入っていることだろう。

 この厳しい状況を打破する、「乾坤一擲」の騎乗に期待したい。

JRAターコイズS(G3)トロワゼトワルに「悪夢」再び……京成杯AH連覇も「同コース」に蘇るデジャヴー!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!