NEW

JRA朝日杯FS(G1)穴の「3大要素」発動「◎」に根拠なき自信!? 本気と書いて「マジ」荒れるレースで「ハムの人」からの脱却へ……

JRA朝日杯FS(G1)穴の「3大要素」発動「◎」に根拠なき自信!? 本気と書いて「マジ」穴狙い「ハムの人」からの脱却へ……の画像1

 酷い……これは「ドイヒー」なのだ。

 どうも、宍戸ハレです。

 先週の阪神JF(G1)は、シゲルピンクルビー「◎」でまたまた撃沈。ちょっと狙い過ぎたのである。

 新馬戦を勝利したばかりの馬に「◎」。展開が向きそうな感はあったが、あまりにも能力の裏付けが足りなかったのだ。

 JRA阪神JF(G1)謎は全て解けた! 3強「2頭」切りで「◎」はまさかのサイン!? 困難な2歳戦に臭う「穴」のかほり――

 謎は全く解けず、迷宮入りである……。

 ただ、1、2番人気が人気通りの決着。3着ユーバーレーベンを「◎」に出来ていたとしても、三連複は5020円……足らんわっ……まるで。

 というわけで、今週は朝日杯FS(G1)の予想をしていこうと思う。

 先週に引き続きの2歳戦だが、今週は牡馬の対決。阪神JFと同コースということで、先週のレースが参考となりそうだ。

 阪神JFはBコースに替わって初週であったが、レースを見る限り内の先行馬が若干有利に感じた。ユーバーレーベン、ジェラルディーナなど外から来た馬もいたが、能力で持ってきた感。むしろ、ヨカヨカ、サルビアなどが恵まれていたように感じる。

 1週使われってまた傾向も変わってくるだろうが、ある程度は前目のポジションをとれる馬を狙いたいところだ。

 今回の出走馬の中で直接対決があったのは過去に7レース。例の如く、これらのレースを振り返りながら各馬の能力を探ってみたい。

 まずは出走馬中で最多となる5頭が出走していた1600m戦のデイリー杯2歳S(G2)。前売り1番人気のレッドベルオーブが勝利したレースだ。

 このレースは3着馬と4着馬の間に0.6秒の差。4着ビゾンテノブファロと5着カイザーノヴァは大きな変わり身がないと厳しいだろう。上位3頭、レッドベルオーブ、ホウオウアマゾン、スーパーホープにはそれほどの差は感じていないが、枠順などからはレッドベルオーブが一番ハマりそう。ホウオウアマゾンはレッドベルオーブよりも前のポジションで競馬をするだろうが、大外スーパーホープは外々を回すことになりそうで推せそうにはない印象だ。

 次にデイリー杯2歳Sで4着だったビゾンテノブファロも出走していた、1600mのサウジアラビアRC(G3)。こちらはステラヴェローチェがビゾンテノブファロに1.3秒先着したレースで、不良馬場だったとはいえステラヴェローチェはキープしておきたい馬だ。

 あと、ビゾンテノブファロは1400mのダリア賞(2歳OP)にも出走している。こちらはアスコルターレがビゾンテノブファロに対して0.3秒先着。しかし、アスコルターレの方が恵まれた感もあり、ビゾンテノブファロと一緒に切ってしまう。

JRA朝日杯FS(G1)穴の「3大要素」発動「◎」に根拠なき自信!? 本気と書いて「マジ」荒れるレースで「ハムの人」からの脱却へ……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由