NEW

JRA【有馬記念(G1)展望】アーモンドアイと接戦したフィエールマンVSクロノジェネシスの一騎打ち! 武豊ワールドプレミアが大逆転狙う

【この記事のキーワード】, ,

JRA【有馬記念(G1)展望】アーモンドアイと接戦したフィエールマンVSクロノジェネシスの一騎打ち! 武豊ワールドプレミアが大逆転狙うの画像1

 3頭の3冠馬対決で盛り上がったジャパンC(G1)からまもなく1カ月。27日には、中山競馬場で有馬記念(G1)が開催される。

 アーモンドアイが引退し、無敗で3冠に輝いたコントレイルとデアリングタクトも不在。今年のグランプリレースは混戦になると思いきや、2強ムードの様相を呈している。

 おそらく1番人気に支持されるのは、天皇賞・秋(G1)でアーモンドアイに迫ったフィエールマン(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)と、クロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)のどちらかだろう。

JRA【有馬記念(G1)展望】アーモンドアイと接戦したフィエールマンVSクロノジェネシスの一騎打ち! 武豊ワールドプレミアが大逆転狙うの画像2

 長距離G1・3勝の実績を誇るフィエールマン。前走の天皇賞・秋は2000mという距離が短いとみられ、5番人気という低評価に甘んじた。さらにスタート後には、両サイドから挟まれ、後方からの競馬を強いられる不利。万事休すと思われたが、直線を向くと闘争心にスイッチが入り、豪快に大外を追い込むと、アーモンドアイに半馬身差まで肉薄。力のあるところを改めて示した。

 有馬記念は昨年も4着に健闘した舞台で、前走から500m距離が延びる点は好材料。C.ルメール騎手との再タッグでG1・4勝目を狙う。

 不安があるとすれば、前走から中7週というレース間隔だろう。国内ではデビューから一貫して、中10週以上空けてレースに臨んできたフィエールマン。今回はやや詰まったローテーションで、激走した前走から見えない疲れがあってもおかしくない。

 美浦南Wの1週前追い切りでは、僚馬を先行させ、ラスト1ハロンで並びかける予定だった。しかし、勢い余ってラスト3ハロン地点で並びかけてしまう想定外の追い切りとなってしまった。ただ、陣営は「去年よりは間違いなくいい状態」と口にしており、過度の心配は不要だろう。

 天皇賞・秋ではフィエールマンにクビ差の3着に敗れたクロノジェネシス。フィエールマンと同じく、後方からの競馬を強いられたが、直線猛然と追い込み、3着を確保したと言った方がいいかもしれない。

 この馬もフィエールマンと同じく間隔を空けた方が高いパフォーマンスを出せるタイプだが、「6-2-3-1」という通算戦績が示す通り、大崩れしないのが持ち味だ。馬場状態も高速馬場から道悪までオールマイティーにこなしてきた。

 1週前追い切りでは、栗東CWで素軽い脚さばきを披露。宝塚記念に続く春秋グランプリ制覇は手の届くところにある。鞍上は、デビューから手綱を取り続けてきた北村友一騎手。ファン投票1位に応え、このコンビG1・3勝目はなるか。

JRA【有馬記念(G1)展望】アーモンドアイと接戦したフィエールマンVSクロノジェネシスの一騎打ち! 武豊ワールドプレミアが大逆転狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!