NEW

JRA武豊×エリザベスタワー「異次元の33.6秒」で圧巻デビュー!「とても乗り味がいい」独オークス馬の仔がノーステッキで完勝

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊×エリザベスタワー「異次元の33.6秒」で圧巻デビュー!「とても乗り味がいい馬」独オークス馬の仔がノーステッキで完勝の画像1 あっさりと突き抜けた。

 19日、阪神競馬場で行われた5R・新馬戦は、2番人気のエリザベスタワー(牝2歳、栗東・高野友和厩舎)が優勝。母に独オークス馬を持つ良血馬が、強烈なパフォーマンスで初陣を飾った。

 18頭立てで行われた芝1600mのレース。ゲートこそまずまずだったエリザベスタワーだが、発馬直後にふらついて隣の馬と軽い接触。鞍上の武豊騎手も無理せず、後方からの競馬を選択した。

 新馬戦らしいスローペースの中、エリザベスタワーは3、4コーナーでわずかにポジションを上げたものの依然後方12番手。しかし、最後の直線で外目に持ち出されると、そこからは脚が違った。粘りこみを図る先行勢を嘲笑うかのような“異次元”の末脚。あっさりと突き抜けると、最後は2着馬に1馬身1/4の差をつけて白星発進となった。

「レース後に武豊騎手が『スタートは少しゆっくりだった』と話していた通り、スタートでやや後手を踏みましたが、結局ムチを使っていませんし、ここでは力が違いましたね。上がり3ハロン33.6秒は、第2位に0.5秒差をつける圧倒的な切れ味でした。

父がマイラーのKingmanということで今回は1600mのデビューでしたが、母ターフドンナは独オークス(G1、芝2200m)の勝ち馬。武豊騎手も『いいリズムで走れた』と話していた通り、折り合いに不安がなさそうですし、母の父がサドラーズウェルズ系のDoyen(ドワイエン)ということからも、距離を伸ばしても面白い存在になりそうです」(競馬記者)

 また、別の記者もエリザベスタワーのデビュー戦を絶賛している。

「最後の直線で舌を出したまま走っていましたし、まだ全然本気で走っていませんね。直線の入り口で外からテーオーロイヤル(3着)が被せてきて、一瞬進路が狭くなりましたが、力強く進路を確保した走りも印象的でした。

新馬戦なので今回の相手のレベルはわかりませんが、来年のクラシックを狙っていい馬だと思います。武豊騎手には2歳牝馬のお手馬に阪神ジュベナイルF(G1)でコンビを組んだメイケイエールがいますが、こちらは折り合いに問題を抱えており1600mが限界という馬。2400mのオークス(G1)には、この馬と挑んでいるかもしれませんよ」(別の記者)

JRA武豊×エリザベスタワー「異次元の33.6秒」で圧巻デビュー!「とても乗り味がいい馬」独オークス馬の仔がノーステッキで完勝の画像2

「直線に向いて追い出してからの反応が良かった。とても乗り味がいい馬で楽しみですね」

 レース後、そう勝ち馬を評価した武豊騎手。桜花賞にメイケイエール、オークスにエリザベスタワーとなれば、レジェンドジョッキーにとっても楽しみな春になりそうだ。

JRA武豊×エリザベスタワー「異次元の33.6秒」で圧巻デビュー!「とても乗り味がいい」独オークス馬の仔がノーステッキで完勝のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  6. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?