NEW

JRA武豊「とても乗り味がいい」C.ルメール「来年が楽しみ」。 東西で「Kingman×独オークス馬」の超大物2歳が強烈インパクト!

【この記事のキーワード】,

JRA武豊「大絶賛」の次はC.ルメールが高評価!? 東西で「Kingman×独オークス馬」の超大物が強烈インパクト!の画像1

 19日、中山競馬場で行われたひいらぎ勝(1勝クラス)は、1番人気のシュネルマイスター(牡2歳、美浦・手塚貴久厩舎)が優勝。単勝1.9倍という圧倒的な人気に応え、デビュー2連勝を飾った。

 12頭立てで行われた芝1600mのレース。デビュー戦こそゲートでやや後手を踏んだシュネルマイスターだったが、この日はスムーズなスタート。鞍上のC.ルメール騎手が軽く促すと、楽に好位に取り付いた。

 すんなりハナを切ったマウンテンムスメが引っ張るペースは600m通過が35.6秒。この日、同じ中山の1600mで行われたターコイズS(G3)でトロワゼトワルが刻んだ600m通過34.5秒より1.1秒も遅いスローペースだった。

 3、4コーナーでペースが上がってライバルたちが動き出したが、ルメール騎手は慌てない。最後の直線を迎えて馬群がばらけた所で鋭く先頭に躍り出ると、最後は楽に後続を突き放してゴールした。

「強いレースでした。4コーナーで前が壁になる難しいレースでしたが、前にいたアヴァノスが抜け出した進路を上手く使ったルメール騎手のファインプレー。最後の直線入り口でアヴァノスが外にヨレたこともあって、あっさり抜け出しました。ルメール騎手もその瞬発力を褒めていましたね。

レースから2時間くらい前にあった阪神の新馬戦を勝ったエリザベスタワーが父Kingman、母が独オークス馬という良血だったんですが、シュネルマイスターもまったく同じ父Kingmanに母が独オークス馬。ただ、こちらの方が器用さを感じますし、距離もマイルから2000mくらいが良さそうです」(競馬記者)

 また、シュネルマイスターを管理する手塚貴久厩舎は、明日を行われる朝日杯フューチュリティS(G1)に武豊騎手と共に挑むドゥラモンドを送り込む。

「実はシュネルマイスターとドゥラモンドは調教パートナーという間柄で、直前の最終追い切りも2頭の併せ馬で行われました。結果は先行したドゥラモンドをシュネルマイスターが追いかける形で最後は併入。

ほぼ互角の動きをしたシュネルマイスターが結果を出したこともあって、明日のドゥラモンドへの期待も大きくなるでしょうね」(別の記者)

 レース後、ルメール騎手が「能力があります。乗りやすいし、冷静に走っていて最後は瞬発力があった」とシュネルマイスターを称賛すれば、手塚調教師も「思っていたより(馬体が)重く見えたけど、それでも勝つんですからね。重賞級ですね」と将来に大きな期待を寄せている。

「来年が楽しみです――」

 そう語ったルメール騎手の言葉はリップサービスではなさそうだ。武豊騎手が「とても乗り味がいい」と絶賛したエリザベスタワーを含め「Kingman×独オークス馬」が強烈なインパクトを残した一日だった。

JRA武豊「とても乗り味がいい」C.ルメール「来年が楽しみ」。 東西で「Kingman×独オークス馬」の超大物2歳が強烈インパクト!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声