NEW

JRAクリソベリル弟「初ダート」で一発回答! 父ディープインパクトも血統のなしうる業「1億2000万円」期待馬が危なげなく快勝

【この記事のキーワード】,

JRAクリソベリル弟「初ダート」で一発回答! 父ディープインパクトも血統のなしうる業「1億2000万円」期待馬が危なげなく快勝の画像1

 やはりダートなのだろうか――。

 19日、阪神8Rのダート2000m(1勝クラス)を、ヴァーダイト(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)が快勝した。

 父にディープインパクト持つ本馬はデビュー戦で芝2000m戦を使い、2着に4馬身差をつけて圧勝。レース後、音無秀孝調教師は「レース後、獣医のチェックでは『まだまだ成長途上。よくこれで勝ったね』と言っていたほどで、良くなるのはまだ先でしょう。もちろん春のクラシックを目標にしていきます」と、芝での活躍を期待していた。

 しかし、その後は決め手の甘さから勝ち切れないレースが続き、クラシックを目指した馬が1勝クラスでの足踏み。デビューから6戦目、今回初めて試されたのがダート戦である。

 レースは11頭立て。初ダートとなったヴァーダイトは3番人気だった。まずまずのスタートから行く馬を行かせて単独3番手を追走した本馬は、向正面で外から2番手に押し上げた。直線に入っても手応えは十分。1馬身半抜け出すと、そのままの脚色で押し切り勝利を収めた。

 ヴァーダイトの母はクリソプレーズ。先日行われたダートG1、チャンピオンズCで1番人気だったクリソベリルの半弟だ。

 半兄クリソベリルは父がゴールドアリュールで、ダートを意識した配合であるが、全姉マリアライトは芝のエリザベス女王杯(G1)と宝塚記念(G1)を勝利。ディープインパクト産駒であるヴァーダイトも、芝で期待されて当然だろう。

 デビュー戦の勝ち方から芝を使われてきたヴァーダイトだが、ダートに替わっての勝ちっぷりは母方の血統のなしうる業だろうか。クリソライトとクリソベリル、これまでにダートG1勝ち馬を2頭輩出した母の影響を引き継いでいるといえそうだ。

 音無調教師はヴァーダイトを所有するキャロットクラブのホームページで「期待はしていましたが、きっちり変わってくれましたね。負かした相手も強いですし、いい勝ち方だったと思います」と、ダートでの走りに納得の様子。初のダート戦を「一発回答」で応えたヴァーダイトを労った。

「クリソプレーズの仔で最高募集額となる1億2000万円で募集された馬ですし、元々は芝での大きな期待を寄せられた馬でした。2勝目はダートでの勝利となりましたが、クラブ、調教師ともにホッと一安心といったところでしょう。2着とは1馬身半と大きく差を広げたわけではありませんが、どこまで行っても差が縮まらないような安心感もありました。この血統ですから、上のクラスでも期待したいですね」(競馬記者)

 師は「これで一度放牧に出させていただき、この後は番組を見ながら決めていきます」とコメント。

 復帰後の活躍次第では、クリソベリルとの兄弟対決が見られる日も来るかもしれない。

JRAクリソベリル弟「初ダート」で一発回答! 父ディープインパクトも血統のなしうる業「1億2000万円」期待馬が危なげなく快勝のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か