NEW

JRA「マイネル軍団の刺客」が物議!? ターコイズS(G3)スマイルカナ「ハナ争い」に伏兵強襲でトロワゼトワル2年連続最下位に轟沈……

JRA「マイネル軍団の刺客」が物議!? ターコイズS(G3)スマイルカナ「ハナ争い」に伏兵強襲でトロワゼトワル2年連続最下位に轟沈……の画像1
スマイルカナ JBISサーチより

 まさに絵に描いたような“漁夫の利”の勝利だった。

 19日、中山競馬場で行われたターコイズS(G3)は、1番人気のスマイルカナ(牝3歳、美浦・高橋祥泰厩舎)が優勝。今年の桜花賞(G1)3着の実力馬が、得意の中山マイル戦で嬉しい重賞2勝目を飾った。

 今年のターコイズSは、スマイルカナとトロワゼトワルという強力な逃げ馬2頭の「ハナ争い」が大きな注目点の1つとなっていた。

 今秋に同じ中山1600mで行われた京成杯オータムH(G3)では、逃げたスマイルカナをトロワゼトワルが2番手から捉えてのワンツーゴール。今回も同じような結末を予期したファンも少なくなかっただろう。

 しかし、トロワゼトワルが57kg(牡馬換算59kg)のハンデを背負わされ、さらには中山1600mで不利とされる大外枠に入れられたことで状況は一変……最終的にトロワゼトワルは10番人気という低評価に甘んじ、楽に逃げられそうなスマイルカナが1番人気に推されるなど、明暗が大きく分かれた。

 だが、レースではトロワゼトワルが意地のハナ主張。敢然と先頭に立つと、京成杯オータムHとは真逆の展開となった。これで火が付いたスマイルカナが追い掛けようとしたが、そこに割って入ったのがクリスティだ。外から猛然と追い上げると、一時はトロワゼトワルを交わしてハナに立つ勢いだった。

JRA「マイネル軍団の刺客」が物議!? ターコイズS(G3)スマイルカナ「ハナ争い」に伏兵強襲でトロワゼトワル2年連続最下位に轟沈……の画像2

 逆にこれで落ち着きを取り戻したのが、スマイルカナだ。レース後、主戦の柴田大知騎手も「今日は折り合いもついて100点満点の競馬」と語った通り、3番手で折り合いもピタリ。結果的には、これが最大の勝因と言えたかもしれない。

 一方のトロワゼトワルは、伏兵にハナを叩かれる予想外の展開。もう一度先頭に立ち、レースの主導権こそ取り返したものの、最後の直線ではすでに脚が残っておらず、ズルズルと後退……。屈辱の2年連続最下位となった。

 この結果を受け、注目されたのはやはり展開を大きく左右したクリスティだ。

JRA「マイネル軍団の刺客」が物議!? ターコイズS(G3)スマイルカナ「ハナ争い」に伏兵強襲でトロワゼトワル2年連続最下位に轟沈……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか