NEW

JRA横山典弘「天才」の直感!? ターコイズS(G3)2年連続の「最下位」回避も、重賞なき中京に住み着く「メインレース」の魔物

【この記事のキーワード】,

JRA横山典弘「天才」の直感!? ターコイズS(G3)2年連続の「最下位」回避も、重賞なき中京に住み着く「メインレース」の魔物の画像1

 19日、中山競馬場で行われたターコイズS(G3)は、1番人気のスマイルカナが優勝。3番人気アンドラステとのハナ差の接戦を制した。

 このレースで16着と敗れたのがトロワゼトワル。同コースの京成杯AH(G3)を連覇しながら、ターコイズSでは逆に、昨年に引き続き2年連続の「最下位」に終わった。

 鞍上の斎藤新は昨年デビューしたばかりの新人騎手。前走までトロワゼトワルに騎乗していた横山典弘騎手は、これを察知したかのように中京競馬場で騎乗している。

 この日、重賞があったのは中山競馬場のみで、通常であれば横山典騎手が継続して乗っていてもおかしくはなかったはず。それなのに中京競馬に参戦したというのは、勝算があってのことだろう。

 横山典騎手が重賞のない中京競馬に参戦するのは2017年3月20日(月)以来のこと。この日の騎乗は3鞍あり、騎乗馬の質も揃っていた。

 最初に騎乗したのが中京6Rで1勝クラスのストークダバノン(牡3歳、栗東・松永幹夫厩舎)だ。

 兄のサウンズオブアースは、菊花賞(G1)、有馬記念(G1)、ジャパンC(G1)とG1で2着を3回。最強の2勝馬として、その時代を彩ったいぶし銀。弟の単勝オッズは2.9倍の1番人気であった。

 16頭立てのレース。それほどいいスタートではなかったが、スッと好位の内につけたストークダバノン。直線では外に持ち出すと、ゴール前は計ったかのように差し切り勝ち。

 次に騎乗したのは7Rのマテンロウエール(牡2歳、栗東・松永幹夫厩舎)で、6Rと同じ松永厩舎の管理馬だ。2歳の未勝利戦で、単勝1.9倍はこちらも1番人気であった。このレースもスタートは良くなかったが、馬を急かさずにインの2列目をとる横山典騎手らしい騎乗。直線では馬の間を抜け出し、リーブルミノルとのマッチレースを制した。

 これで騎乗機会2連勝。お手馬のトロワゼトワルに騎乗しなかったのは、こういうことかと思うほどの順調ぶり。横山典騎手の思惑通りに、ことは進んだのではないだろうか。

 最後のレースとなったのは、中京メインの有松特別(2勝クラス)。アカノニジュウイチ(牝3歳、美浦・尾関知人厩舎)は単勝1.8倍で、この日の騎乗馬で最も支持を集めた。

 12頭立てのレース。ここまで完璧にこなしてきた横山典騎手であったが、ここで痛恨の出遅れ。最後方からの「ポツン」一人旅となったのだ。

 そのままなら良かったのかもしれないが、後方を追走したアカノニジュウイチはかかり気味に外から進出。しかし、それを必死になだめようと横山典騎手は手綱を引っ張った。

 最後の直線に入ると外から脚を伸ばすも、結果は前残りの決着。最速上がり34.1秒の脚を繰り出すも、6着に敗れた。

 2017年3月20日に中京で騎乗した際は、メインレース夢見月S(OP)でディーズプラネットに騎乗。1鞍のみの騎乗であったが、3番人気ながら結果は12着と惨敗している。

 重賞のなき中京。メインレースを勝利で飾れなかったのは、前回も同じだったようだ。

JRA横山典弘「天才」の直感!? ターコイズS(G3)2年連続の「最下位」回避も、重賞なき中京に住み着く「メインレース」の魔物のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  5. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  6. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  9. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  10. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?