NEW

JRA2歳王者グレナディアガーズに思わぬ風評被害!? プロでも間違える“そっくりさん”にファンも大混乱……

【この記事のキーワード】,

JRA2歳王者グレナディアガーズに思わぬ被害!? プロでも間違えるそっくりさんにファンも大混乱?の画像1

 毎年、約7000頭のサラブレッドが誕生する競馬界。牧場での訓練を終えた馬たちは、それぞれの馬主に「馬名」をつけられて競走馬としてデビューするわけだが、人間と違って「同名」の規則が色々と厳しい世界……これだけ数が多いと、当然ながら多少の混乱は起きてしまうものなのかもしれない。

 先週の朝日杯フューチュリティS(G1)でも1番人気となったレッドベルオーブが、昨年の同レースで敗れて引退した全兄レッドベルジュールの仇を討てるかが話題になった。

 しかし、兄弟でやや似た名前とあって、ファンの間でも少々混乱があったようだ。デイリー杯2歳S(G2)を勝って本番に挑むという臨戦過程が同じだったことも、影響があったのかもしれない。

 だが、そんなレッドベルオーブが3着に敗れた朝日杯FSの終了後「さらなる混乱」がネット上で話題となっているから驚きだ。

「ややこし過ぎる!」「中央に戻って、いきなり2歳王者か」「同じレースに出走したら、大変なことになるな」

 一部の競馬ファンが掲示板やSNSを通じて嘆いているのが、朝日杯FSを勝ったグレナディアガーズの「馬名」に対してだ。グレナディアガーズ……ただでさえ、少し実況アナウンサー泣かせのような気もするが、実は“そっくりさん”がかつて中央競馬にいたという。

「数年前までJRAにいたグレナディアーズですね。こちらは2013年に朝日杯FSが開催された日に芝の1600mでデビュー勝ちした馬ですが、結局ダートで活躍して交流重賞(ダイオライト記念(G2))にも出走した馬でした。

妹のマルシュロレーヌが今年のJBCレディスクラシック(G1)で3着に好走していますし、グレナディアーズもまだ地方で頑張っているみたいですね。まずあり得ないことですが、もし2頭が同じレースに出て、叩き合いになれば実況アナは大変でしょう(笑)」(競馬誌ライター)

 グレナディアガーズとグレナディアーズ……。

「ガ」がある方が2歳王者で、ない方がダートで活躍している古豪である。ちなみに両馬ともJRA時代はノーザンファーム系の一口馬主クラブの所属馬で、前者はサンデーレーシング、後者はキャロットファームに所属していたそうだ。

「JRAの馬名意味では、グレナディアガーズが英国の擲弾兵近衛連隊で、グレナディアーズは英国の擲弾兵連隊の行進曲だそうです。前者が何故、そう名付けられたのかはわかりませんが、後者の方は祖母に桜花賞馬のキョウエイマーチがいるので『曲』繋がりでしょう。

今日の競馬中継内でも名前を間違えられていたようですし、わかりづらいのは難点ですね」(同)

 これにはネット上でも「前にグレナディアーズっていなかった?」「グレナディアーズみたいな名前の馬が」「今、グリチャでグレナディアーズって言ってたぞ」など、グレナディアーズを知っている人々からすれば、余計にややこしい事態になっているようだ。

 自身の競走成績とまったく関係のないところで、思わぬ“被害”に遭ってしまったグレナディアガーズとグレナディアーズ。そもそも「擲弾兵」ってなんだ?と言いたくもなるが……。

JRA2歳王者グレナディアガーズに思わぬ風評被害!? プロでも間違える“そっくりさん”にファンも大混乱……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  6. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  10. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ