NEW

パチンコ「究極の告知」を搭載した電撃マシン! 一瞬の「煌きと響き」が脳を急襲!!

【この記事のキーワード】

,

パチンコ「究極の告知」を搭載した電撃マシン! 一瞬の「煌きと響き」が脳を急襲!!の画像1

 パチンコ・パチスロファンの胸を高鳴らせ、心を弾ませるためにメーカーはさまざまな創意工夫を凝らしてきた。

 特にパチンコにおいては期待感や高揚感を持続させるために演出の時間を長くし、多くの演出と期待度を盛り込むことでファンにアプローチした。

 しかし、人間を興奮させるのに0.5秒あれば充分。しかも、わずかな光と音によってのみで最大限の効果を発揮できる装置がパチスロ界で発明されたのである。パトライトとキュイン音。分野が分野であればノーベル賞を確実に受賞していただろう。

 一瞬で脳を焦がしすべての艱難辛苦を彼方へ吹き飛ばしてくれるパチスロで誕生したこの最強の告知演出をパチンコに導いてくれたのが『CR南国育ち』である。その源流となるパチスロ『南国物語』から8年の後のことである。

 くだんの告知と1G連の出玉性能、ボーナス中のジャックイン8ゲームで蝶ランプが光ると1G連確定というゲーム性が大いに受け、『南国』シリーズとして大いなる称賛を獲得し、満を持してのパチンコ化。もちろん、パチンコに適応するための万全なカスタマイズが施されての登場となった。

 その最たるものは「萌え路線」。デザインには定評のある平和のオリジナルキャラがその特性を見事に活かし、南国を舞台に躍動する2Dアニメキャラは多くのファンに好印象を与えたのである。

 その演出手法はファン心理を心得たもので、さまざまなタイプのキャラが可愛さ全開で、時に妖艶に、演出を盛り上げてくれる。演出ヘのこだわりはパチンコでも遺憾なく発揮されているのである。

 もちろん、演出だけの機種ではない。パチスロにおける「叩きどころ」、興奮の8ゲームをパチンコでも再現。初当り後に突入する8回転の電サポモード「南国チャンス」中にボタンを押して蝶が飛べば連チャンモード「超蝶モード」に突入するゲームフローとなっている。

 また、超蝶モードには電サポが次回までと100回までの2パターンあり、STのようなスリリングな展開を味わえるようになっているほかにも、小当りと搭載した流動性のあるモード移行など、変幻自在の魅惑的なゲーム性となっているのである。

 ただ、パチンコの『南国育ち』シリーズは本機を含め5弾までリリースされているが、最近は役物機になったり小当りRUSHになったりと試行錯誤が続き、いまだ進化の道半ばといった状況である。

 ちなみに、本流となるパチスロの『南国育ち』は4号機、5号機、6号機と3つの世代をわたりながらそれぞれの規格、規則に合わせた「蝶を舞わせる8ゲームと1G連」のゲーム性をあくまで継承してきている。

 しかしながら、『南国育ち』はパトランプとキュイン音に尽きる。このもっとも単純にしてもっとも強大な告知演出は未来永劫廃れることはないのである。

(文=大森町男)

パチンコ「究極の告知」を搭載した電撃マシン! 一瞬の「煌きと響き」が脳を急襲!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!