NEW

JRAホープフルS・有馬記念で発覚した意外な裏事情。武豊もルメールも吹き飛ばす、まさかの結末!

【この記事のキーワード】, ,
ホープフルSでコントレイルに続くスターは誕生するのか?

 2020年のJRAは、コロナ禍の影響で無観客開催など様々な影響を受けたが、何とか無事に最終週まで辿り着いた。いよいよこの週末の中山大障害・ホープフルS・有馬記念で千秋楽となる。

 今年のJRAはアーモンドアイが史上最多の芝G1レース9勝、コントレイルがディープインパクト以来無敗のクラシック三冠達成、デアリングタクトがJRA史上初無敗の牝馬三冠達成、ソダシが世界初の白毛馬によるG1レース勝利など様々な記録が打ち立てられたほか、12月の香港国際競走でダノンスマッシュやノームコアがG1レースを勝利するなど、記録と記憶に溢れた1年間であった。長いようで短かった1年も、この週末でついにフィナーレを迎えるのである。

 ホープフルSは2017年からG1レースに昇格し、昨年は今年三冠を達成したコントレイルが優勝。それ以前にも皐月賞を制したサートゥルナーリアや日本ダービーを制したレイデオロが勝利するなど、来年のクラシックへ向けて目が離せない一戦。今年は東京スポーツ杯2歳S(G3)を快勝したダノンザキッドと2着タイトルホルダー、さらにオーソクレース、ランドオブリバティ、アドマイヤザーゲ、ヨーホーレイク、シュヴァリエローズなどが出走を予定している。しかし昨年のコントレイルほど傑出した馬は不在であり、馬券的には混戦模様といっていいだろう。

 そして有馬記念はフィエールマン、クロノジェネシス、ラッキーライラック、ワールドプレミア、ブラストワンピース、キセキ、ラヴズオンリーユー、カレンブーケドールなど役者が揃った印象はあるが、アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの3強が不在で、こちらもかなりの混戦模様。そもそも過去10年で8度の万馬券が飛び出し、8頭の人気薄穴馬が馬券に絡んでいるレース。昨年も断然人気のアーモンドアイが敗退しているとおり、何が起きてもおかしくはない。

 以上のように今週のG1レースは両レースとも波乱含みの一戦で、配当的にも楽しみなレースとなった。2020年のJRAも今週が最後。ならば1年の負けを取り戻すためにも、今週はダブルG1レースでダブル万馬券的中といこうではないか。

 現在JRAはコロナウイルスの感染防止対策の一環で、マスコミに対して取材規制を実施している。具体的には取材時間の規制、取材場所の規制、取材方法の規制などだが、結果としてスポーツ紙や競馬専門紙、テレビやラジオなどの一般的なマスコミは、その情報に全幅の信頼を置きにくい状況となっている。そんな中、今年すでに351本の万馬券を的中させている、規格外の馬券師集団が存在していることをご存じだろうか。その万馬券的中のプロフェッショナル集団こそ「暴露王」である。

昨年の2歳G1朝日杯FSでも万馬券を的中(※画像は会員様に提供した情報の一部です)

 この暴露王は東西トレーニングセンターで活動する凄腕の競馬記者達と極秘に提携し、彼らから入手した表に出せない「関係者の本音」を競馬ファンに提供している。その結果年間350本もの万馬券的中という快挙を成し遂げているのだ。競馬ファンの中には万馬券を的中させたことがないという人も少なくないが、そういった人達がこぞって暴露王の門を叩いており、暴露王は競馬ファンにとって

「最後の駆け込み寺」

 とも呼ばれている。様々な予想法やスポーツ紙などを渡り歩き結果が出なかった多くの競馬ファンは、最後は暴露王で競馬の勝ち組となっているのだ。

 そんな暴露王は今年すでに351本の万馬券を的中させているが、主な高額的中レースを見ると以下の通りとなっている。

3連単【119万7680円(6/27阪神11R)】
3連単【26万1610円(7/19阪神12R)】
3連単【18万7060円(11/21東京3R)】
3連複【15万6010円(6/28東京4R)】
3連単【13万6930円(6/7阪神6R)】
3連単【12万6840円(10/10新潟4R)】
3連複【11万7400円(10/24東京12R)】

 これは的中させた351本のごく一部だが、これだけで220万円近い払戻となっている。この他の340本以上の万馬券的中を加えれば、その払戻総額は1000万円に届くかもしれない。まさに万馬券的中のプロフェッショナル集団である。

夢のような100万馬券も的中(※画像は会員様に提供した情報の一部です)

 そしてこれほどの万馬券的中実績がある暴露王が、なんと今週行われるホープフルSと有馬記念で万馬券の的中を確信しているという。なぜ彼らはここまで万馬券を的中できるのか、そして今週のG1レースでどんな情報を入手しているのか、この2つのレースにまつわる意外な裏事情を聞くことができた。

我々が万馬券を的中できるのは、表に出ない本当の情報を知ることができるからです。マスコミが知る情報はあくまでも建前上の表面的なものであり、価値は大きくありません。しかし我々が提携している本物の競馬記者たちは、表に出ない関係者の本音を聞き出せる凄腕ばかり。そしてその彼らの情報を把握する暴露王だけが、人気薄穴馬を本命に万馬券を的中できるのです。

 次に今週のG1レースについてですが、まず有馬記念は実績馬がジャパンCに集中したため、例年以上に波乱含みの状況。だからこそ“穴の老舗”である万馬券専門の我々に大きな期待が寄せられています。もちろん、その期待に応えられるだけの情報は集まっていますよ。ルメールが騎乗するフィエールマン、武豊騎乗のワールドプレミア、クロノジェネシス、ラッキーライラックなどが人気上位。この中で馬券に絡む可能性が高い馬もいますが、それ以上に注目すべきなのは、絶好の状態でスタンバイしている現場記者イチオシの穴馬。武豊もルメールも吹き飛ばすほどのインパクトを持っており、この馬が今年の万馬券の使者となるのは間違いありません。

 そしてホープフルSは人気馬が勝利しやすいレースですが、今年は重賞勝ち馬がダノンザキッドのみで、全体的にメンバーは小粒。例年と違って波乱の余地が大いにある状況にあり、実際に現場からは上位人気の不安情報と激走必至の穴馬情報が届いています。現時点での情報が事実ならば、このレースは誰もが唖然とする結果になるかもしれませんね。

 とはいえ事前にマスコミに漏れるのを防ぐため、今ここで穴馬の名前は明かせません。しかし今週の有馬記念とホープフルSは、1年を締めくくるイベントであるとともに、コロナ禍に打ち勝つための勇気を与える一戦ともいえます。そこで、異例ではありますが、今回暴露王を初めて利用される方に限り、我々が勝負する有馬記念とホープフルSの【完全最終買い目】そして【絶対に買うべき穴馬2頭】を無料で公開いたします。

 レース直前では公開が間に合いませんので、お早めに確認方法をチェックしていただく方がよろしいかと思います。今週の有馬記念とホープフルSは、ぜひ暴露王の情報で万馬券を狙ってください」

 この話からもわかるように、暴露王は今の競馬界において特別な存在だ。人気通りの馬券を買って小金を稼ぐなら、ある意味一般的なスポーツ紙や競馬専門紙でも事足りる。しかし狙って万馬券を的中させる勝ち組を目指すには、暴露王を利用する以外に方法がないといっても過言ではないのである。

 暴露王は「常識では買えない馬」「普通に予想していては手が出せない馬」に目をつけて万馬券を的中。もしこれと同じことができるなら、自力で馬券を買えばいいだろう。しかしほとんどの競馬ファンはそんな芸当ができない。今週のホープフルSと有馬記念で万馬券を的中させ、完全な競馬の勝ち組となるためには、暴露王の無料情報を活用するのがベストの選択だ。このチャンスを逃すことなく利用することをオススメする。

CLICK→【無料公開!有馬記念&ホープフルS「完全買い目」「極穴馬情報」】暴露王

※本稿はPR記事です。

JRAホープフルS・有馬記念で発覚した意外な裏事情。武豊もルメールも吹き飛ばす、まさかの結末!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!