NEW

元JRAジョッキー安藤勝己氏「有馬記念(G1)は適性が問われる……」横山典弘騎乗オセアグレイト「激走」に期待!? デスペラードで見た「夢の続き」

【この記事のキーワード】, ,
元JRAジョッキー安藤勝己氏「有馬記念(G1)は適性が問われる……」横山典弘騎乗オセアグレイト「激走」に期待!? デスペラードで見た「夢の続き」の画像1
オセアグレイト JBISサーチより

「夢の続き」を――。

 27日、中山競馬場で行われる有馬記念(G1)に、オセアグレイト(牡4歳、美浦・菊川正達厩舎)が出走を予定している。鞍上は前走に引き続き横山典弘騎手。1996年、サクラローレル以来の同レース勝利を目指す。

 オセアグレイトは、前走のステイヤーズS(G2)を7番人気で勝利。持ち前のスタミナを発揮し、ファンの低評価を覆した。

 JRAの平地レースで最も距離の長いステイヤーズS。オセアグレイトは、スタートから馬任せに出していき1周目の1コーナーではインの2列目をキープした。2コーナーを曲がり切った向正面では、タガノディアマンテが外から押し上げ先頭に立ち、オセアグレイトは内3番手でジックリと脚を温存した。

 2周目3コーナー辺りからレースは動き始めるが、横山典騎手は焦らず直線勝負に懸ける構え。4コーナーから直線へかけて外に持ち出したオセアグレイトは横山典騎手のアクションに応え、逃げるタガノディアマンテを追い詰める。最後は2頭の一騎打ちとなったが、外から伸びたオセアグレイトが逃げたタガノディアマンテをアタマ差交わしたところがゴールだった。

 中山競馬場の長丁場で有馬記念にも直結しそうだが、ステイヤーズSからの直行組は有馬記念の勝ち馬がこれまで一度も出ていない。2013年にステイヤーズSを勝利して参戦した、デスペラードも有馬記念では7着。この時の鞍上は横山典騎手だった。

 デスペラードは翌年のステイヤーズSでも再度同じローテーションでリベンジを図ろうとしたが、この年のステイヤーズS勝利後に右前肢に屈腱炎を発症。年齢も翌年は7歳と高齢になっていたこともあり、引退を余儀なくされた。

 横山典騎手が、ステイヤーズS勝利馬で有馬記念に参戦するのは2013年以来。無念のリタイヤとなったデスペラードに思いを馳せ、リベンジを誓っているかもしれない。

 というのも、これまで勝ち馬が出ていないステイヤーズS組だが、今年はオセアグレイトにもチャンスがありそうだからだ。

元JRAジョッキー安藤勝己氏「有馬記念(G1)は適性が問われる……」横山典弘騎乗オセアグレイト「激走」に期待!? デスペラードで見た「夢の続き」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直