NEW

甘デジ極限「約90%ループ」で目指せ“100連”! 年末年始は「超爆裂スペック」で一攫千金!!

【この記事のキーワード】,

甘デジ極限「約90%ループ」で目指せ100連! 年末年始は「超爆裂スペック」で一攫千金!!の画像1

 間もなく年末年始。パチンコファンの皆様も今から「年末年始はどの台を打ち倒してやろうか!」と胸を高鳴らせているのではないでしょうか?

 一撃大量獲得を狙って時速3万発も余裕な超速高継続ミドル機を狙うもヨシ。低投資で少しでも長く打ち倒すために堅実な甘デジをメインに狙うのもヨシ。人それぞれ自身の趣向に沿った狙い台はあると思います。

 そんな中で筆者が年末年始の狙い目台としておススメするのは、甘デジ屈指のST継続率90%を誇る一撃重視の超ギャンブル台『PA鉄拳極 スイートコンボ99ver』です。

 この『鉄拳極 スイートコンボ99ver』で特筆すべきは、連チャンのメインとなるST「鉄拳EXTREME極」の出玉性能でしょう。本機のライトミドル版にあたる『鉄拳 極』とほぼ同レベルなのです。

 通常、同じ機種で複数のスペックがリリースされる場合、「爆裂仕様のライトミドル版」と「打ち易さ重視の甘デジ版」といった具合に、連チャン性能や出玉面に明確な格差を付けるケースが多いですが…。

『鉄拳極』は甘デジ版とライトミドル版のST継続率が共に90%で、大当り出玉も「2R約120個」「4R約240個」「6R約360個」「10R約600個」と全く同じ。ST中の大当り振り分けだけ6Rと2Rの割合が1%違う程度で全体的に殆ど差異はありません。

 要するに、『鉄拳極 スイートコンボ99ver』は初当り確率1/99.1の甘デジスペックでありながら、ライトミドルスペック相当の出玉を狙える激ヤバ爆裂機に仕上がっているということ。継続率90%を誇るSTの破壊力は、間違いなく現行甘デジの中でもトップレベルと断言できます。

 では、甘デジ版とライトミドル版の「格差」はどこで付けられているのか? それがSTへの突入確率です。

 ライトミドル版はヘソ大当りの振り分け割合が「確変50%」「通常50%」で、更に通常大当りでも時短100回が必ず付いてくるなど、超高継続機としてはかなり打ち易いスペックなのですが…。

 甘デジ版の本機は、ヘソ大当り時の振り分け割合が「確変3%」「通常97%」となっており、初当りでの確変直撃はほぼ期待できません。ST突入のメインルートは、30回転の時短中に大当りを引き戻す「時短突破型」で、初当り直撃を含めたトータルのST突入確率は約28%と中々にハードルが高いのです。

 もし単発時短抜けで終わった場合、手元に残る出玉は200発程度。30回転の時短中に全然引き戻せず単発ばかりの状態に陥ってしまうと…もはや地獄絵図。追投資額もライトミドル並みに膨れ上がる事が珍しくありません(笑)。

甘デジ極限「約90%ループ」で目指せ“100連”! 年末年始は「超爆裂スペック」で一攫千金!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合