NEW

3冠馬対決「第2ラウンド」は大阪杯(G1)!? デアリングタクト金鯱賞から始動で気になる次走。杉山調教師「意味深コメント」から読み解ける選択肢とは

【この記事のキーワード】

, ,

3冠馬対決「第2ラウンド」は大阪杯(G1)!? デアリングタクト金鯱賞から始動で気になる次走。杉山調教師「意味深コメント」から読み解ける選択肢とはの画像1

 3冠馬対決は再び実現するのだろうか……。

 23日、3冠牝馬のデアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が金鯱賞(G2)を始動戦に予定していることが明らかになった。

 史上初となる無敗の牝馬3冠を達成したデアリングタクト。3頭の3冠馬対決に沸いたジャパンC(G1)で初黒星を喫したものの、アーモンドアイ、コントレイルに次ぐ3着は評価を落とすものではなかった。

 レース後に松山弘平騎手が「内へもたれていました。苦しくなったのだと思います」とタフな流れが堪えたことを敗因に挙げ、「これからの馬ですし、成長してほしいです」と来年の飛躍に期待を寄せた。

3冠馬対決「第2ラウンド」は大阪杯(G1)!? デアリングタクト金鯱賞から始動で気になる次走。杉山調教師「意味深コメント」から読み解ける選択肢とはの画像2

 始動戦に選んだ金鯱賞は1着馬に大阪杯(G1)の優先出走権が与えられるレース。まだ正式に決定していないが、コントレイルが大阪杯を視野に入れているため、デアリングタクトも出走すれば、3冠馬対決の第2ラウンドとなる。

 しかし、それが実現する可能性は高くないかもしれない。

「大阪杯はコントレイルの出走も楽しみですが、グランアレグリアも参戦が期待されます。安田記念(G1)でアーモンドアイを破り、秋はG1・2連勝しているように、現役最強馬の呼び声高い1頭です。陣営からは距離延長を予定しているという話が出ていますので、芝2000mの大阪杯に出走してもおかしくありません。

もし、デアリングタクト、コントレイル、グランアレグリアが出走するとなれば、今年のジャパンC級の盛り上がりとなりそうですね。

ただ、デアリングタクトはこれまで余裕のあるローテーションで使われており、金鯱賞から中2週で出走するかは疑わしいところですね」(競馬記者)

 実際に、これまでデアリングタクトのレース間隔が最も詰まったのは、桜花賞(G1)からオークス(G1)と秋華賞(G1)からジャパンCの中5週である。桜花賞はエルフィンS(L)から中8週、秋華賞は休み明けでの出走だったことを考えれば、使い詰めがきくタイプではなさそうだ。

 また、杉山調教師の「G1以外のレースで左回りの走りを確かめたい」という意味深なコメントも気になるところだ。

「これはジャパンCで内にもたれたことが原因でしょうね。春に左回りで行われるG1といえば、ドバイ国際競走、ヴィクトリアマイル(G1)、安田記念が挙げられます。ただ、金鯱賞に出走するとなれば、日程的に近いドバイの線は消えます。

残されるのはどちらもマイル戦となりますが、デアリングタクトはエルフィンSでウオッカのレコードを更新、重馬場の桜花賞を圧勝しています。近走は2000m以上の距離を走っていますが、マイルでのパフォーマンスはかなりのものです。また、宝塚記念(G1)までのレース間隔を逆算すると、ヴィクトリアマイルという可能性も十分にあり得る話だと思いますよ」(同)

 大阪杯に参戦が叶わないとしても、ヴィクトリアマイルに出走するとなれば、グランアレグリアとの対戦があるかもしれない。現3歳世代を代表する牝馬は来年の競馬界でも話題の中心となるだろう。

 まずは始動戦の金鯱賞でどのような走りを見せるかに注目したい。

3冠馬対決「第2ラウンド」は大阪杯(G1)!? デアリングタクト金鯱賞から始動で気になる次走。杉山調教師「意味深コメント」から読み解ける選択肢とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!