NEW

パチンコ「魔性レベル」の連チャン機など「最強マシン」特集!「打ってよかった機種」2020年まとめ

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「魔性レベル」の連チャン機など「最強マシン」特集!「打ってよかった機種」2020年まとめの画像1

 今年もいっぱいパチンコを打ちました。コロナ禍で1、2ヵ月まったくパチンコが打てない状況があったのに、人生で1番っていうほど数多くの機種に向き合いまして、その総決算に「今年打ってよかったパチンコ」のことでも語ろうかと思います。

『Pぱちんこ 乗物娘 WITH CYBERJAPAN(R)DANCERS』

 オープニングで繰り出す手では絶対にありませんが、久しぶりにこんなイカれた台を打ててぼかぁ幸せだなぁ。このダイバーシティ。懐の深さ。寛容さ。良い意味でのデタラメさ。これこそがこの時代においてもパチンコをパチンコたらしめている要素であり、忘れてはならない精神なのです。

 い、いや、べ、別に裏の意味なんてありませんよ。『Pカナカナ2with桃乃木かな』とか『Pクイーンズブレイド3ナナエルver.』と迷ったとかないですから。

『P花の慶次~蓮』

 一般に評価が高い「王道」的な機種から唯一選出したのがこのマシンですね。やっぱり普通に面白い。『北斗』『牙狼』『仕事人』『エヴァ』など大物シリーズのなかでも『海』に匹敵するくらいシリーズを通して安定した人気と評価を獲得し続けているのもうなずけます。

 それと転落抽選のイケイケ感というか、引かないときは本当に引かない、連チャンが終わる気がしないあの感覚は魔性レベルが高く、ついつい打ちたくなる要因です。

『PヤッターマンVVV』

 ツボにハマった時の出玉力は草生えますね。ライトミドルながら時短で当たれば3発確約で、トータルループ率が約85%と怒涛の連チャン攻勢で、一気にドル箱の山を築き上げます。に加えて7発確定のプレミアムフラグ「GOD SEVEN STANDBY」もあるとか、ライトミドルでは最強の盛り感ある機種ではないでしょうか。

『D‐CLOCK』

 これも変則的なスペックが楽しい一台。大当りはBIGとREGの2つだけで、RUSH中はREGが3連続くまで大当りがループするという変わり種。BIGとREGの比率は50:50なので1/2×1/2×1/2の87.5%が継続率になりますね。

 また、本機は通常時で7セグと巨大な時計ギミックによる演出が展開されるんですが、これ法則性があったり、こっそりアツくなれるポイントがあったりと、意外に面白いんですよ。相当に打ち手を選ぶ機種ではありますが、この機種推せます。

『Pフィーバーゴルゴ13 疾風ver.』

 3000発チャレンジ成功時のカタルシスがやばいんですよ。エンドルフィンとかドーパミンが脳内で弾けるあの感じ。演出は「一撃」一択で。ジリジリと期待と不安が皮膚表面で蠢動するような感覚の緊張感は病みつきになりますね。

『Pデカビスカス』

 一撃約5000発の一般電役は好事家にはたまりません。一際目を引くハイビスカスと、ランプが上昇していくだけのメーター演出で一切を乗り切る突破力に震えるばかり。これだけで充分面白いものが作れるんですよ。西陣はやっぱりアナログの方向を目指すべきですよ。

『P闘将覇伝』

 連チャンを役物で抽選するダイナミズムに敬意を表します。ゴトだ不正だとビビっているだけでは進歩も未来もありません。三段スパイラルの面白さも抜群で、玉の動きに全集中しながら結末の行方を見守っていましたね。来年はこの役物で羽根物を!

 以上、特選7機種。今年打ってよかったパチンコ機種、2020年の総まとめでした。

(文=大森町男)

【注目記事】

パチンコ『北斗の拳』最新作が始動!「一撃5万発」報告に続く強力スペック実現を期待!!

パチンコ「クリスマス」だからこそ起こせた“奇跡”!? 孤独の勝負師が挑む「聖夜の大決戦」!!

パチスロファンに超朗報!? 沖スロ界の「三冠王」が6号機として始動!!

 

パチンコ「魔性レベル」の連チャン機など「最強マシン」特集!「打ってよかった機種」2020年まとめのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!