NEW

パチンコ『初代・牙狼』超え快進撃!「三大革命」など2020年のヒットメーカーを特集!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ『初代・牙狼』超え快進撃!「三大革命」など2020年のヒットメーカーを特集!!の画像1

『牙狼』シリーズで知られるサンセイR&Dは、2020年も話題作を続々と発表。そんなヒットメーカーは、スタートから好調ぶりが目立っていた。

 まずは国民的バラエティ番組を題材にした『P笑点』。大当りはBIG(10ラウンド)とREG(4ラウンド)の2種類で、その振り分けに設定差がありパチスロのように「設定推測ができる要因」となっている。

「ずっと右打ちでA(えー)じゃないか」というキャッチコピーの通り、通常時・大当り中も「常に右打ち」という仕様で、誰でも安心して打てる設計も大きく取り上げられた。

 8個保留に加えて、玉をクルーンにスタンバイさせる新機能もポイント。これにより、打ちっ放しでも「損をしにくい」という遊技を実現した。「スペック革命」「遊び方革命」「保留玉革命」という特徴が話題になった。

「三冠ドリームスペック」と宣言した『P GI DREAMROAD』も上々の稼働を見せていた機種である。大当り確率約1/219のライトミドルタイプで、本機の目玉は「最大継続率80%」を誇る「G1ドリームロード」だ。

 その間は50%で1500発を獲得でき、平均出玉は「約6000発」と強力。ライトミドルでは破格の出玉感を実現した。女性キャラ「有馬さつき」の豊富な演出を好むユーザーも多かった印象だ。

 上記2機種を上回る反響を得たのは、ビッグコンテンツ『牙狼』シリーズだろう。

 まずはシリーズで登場する絶狼を主役としたスピンオフ作品『P10カウントチャージ絶狼』が降臨。本機最大のウリは「初代牙狼を超える」と宣言した「最高峰の時間性能」だ。1セット約148秒という高速消化は多くのファンを魅了した。

 さらに右打ち時の大当りはALL1500発と「大量出玉」に期待できる仕様。「終日で8万発を超える出玉を記録」という情報も浮上するなど、上半期のホールを大いに盛り上げた1台である。

 この流れで本家も出陣。演出やスペックなどを一新、高速爽快STを搭載した『P真・牙狼』もデビューを果たした。

 STのトータル継続率は約84%で、右打ち中は70%が最高出玉という仕様。その間の変動時間を短縮しスピードを強化と、ファンが求めていた“らしさ”を感じられる仕上がりだ。

 実際に遊技したユーザーからは、「最大持ち玉が約9万発」「牙狼の真骨頂」といったポジティブな意見も浮上。「遊タイム」など、新解釈基準に対応した時短を搭載している点も、好稼働に繋がったポイントだろう。

 近年は厳しい意見も出ていた『牙狼』シリーズが、完全復活へ向けて動き出した。最新作の開発も噂されるなど、今後もファンの注目を釘付けにしそうな気配である。帝王のさらなる飛躍に期待だ。

【注目記事】

2020年「パチンコMVP」が決定!!まさかの「時速3万発」“爆速王”が落選!? 【Pアワード2020―パチンコ部門―】

パチンコ「2000発が77%でループ」…「一撃1万発」のプレミアムフラグも!「4回中1回でも「7が出れば継続成功」の爆裂マシン!!

パチンコ「8000発オーバー」RUSHも話題に! 甘デジ「極遊スペック」や6号機の波を変える「業界初システム」もスタンバイ!! 【ヒットメーカー2020年の軌跡】

パチンコ『初代・牙狼』超え快進撃!「三大革命」など2020年のヒットメーカーを特集!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!