NEW

武豊×ワールドプレミアの状態は? 『ハナだけは譲るつもりはない』あの馬が堂々の逃げ宣言!! カレンブーケドール「グランプリ男」と「善戦ウーマン返上」へ!?【口外無用!有馬記念(G1)特撰7頭】

武豊×ワールドプレミアの状態は? 『ハナだけは譲るつもりはない』あの馬が堂々の逃げ宣言!! カレンブーケドール「グランプリ男」と「善戦ウーマン返上」へ!?【口外無用!有馬記念(G1)特撰7頭】の画像1

 競馬の祭典・有馬記念(G1)が開催される。2020年を締めくくる大一番とあって、出走馬を管理する陣営はいつも以上に気合いが入っているようだ。今回は、各陣営関係者から編集部に寄せられた『とっておきの話』を紹介しよう。

 武豊騎手が『器の大きさに期待』と語るワールドプレミア(牡4、栗東・友道康夫厩舎)。

 昨年は菊花賞(G1)を勝利後、有馬記念に向かい3着と好走。今年は体調不良で、長期間に渡っての戦線離脱を余儀なくされていたが、復帰戦のジャパンC(G1)では『3冠馬3頭』を含む強力メンバー相手に6着と健闘。ここが明け2走目とあって侮れない存在だ。

「前走はイレ込みがきつかったですね。スタッフも『昨年から気性面の成長はあまりない』と苦笑いしていました。ただ、好メンバーが揃った1戦でも引けを取らない走りができていたので、改めて能力の高さを感じましたよ。

1週前は栗東CWで武豊騎手を背に6F84秒1、ラスト12秒8。最終も栗東CWで6F83秒9、ラスト12秒8と、時計こそ出ていませんが、動きは悪くなかったです。『稽古は目立つタイプではないものの、息持ちや中身の面では上積み十分』とスタッフは満足気でしたよ」(栗東関係者A)

 武豊騎手が有馬記念に騎乗するのは、今年で30回目。これまで3勝、2着8回、3着2回と好成績を残している。今回も上位進出なるか?

武豊×ワールドプレミアの状態は? 『ハナだけは譲るつもりはない』あの馬が堂々の逃げ宣言!! カレンブーケドール「グランプリ男」と「善戦ウーマン返上」へ!?【口外無用!有馬記念(G1)特撰7頭】の画像2 ワールドプレミアと同じ友道厩舎から送り出されるユーキャンスマイル(牡5、栗東・友道康夫厩舎)。

 今年は始動戦の阪神大賞典(G2)を快勝。天皇賞・春(G1)4着、アルゼンチン共和国杯(G2)4着と堅実な走りを見せていたものの、前走のジャパンCでは一転して12着と大敗を喫している。

「前走は行きっぷりが悪かったですね。『体調は問題ないけど、嫌気が差したのか走るのをやめてしまった。今までそんなことはなかったのに……』とスタッフは頭を抱えていました。

また今回引き当てた枠は8枠16番と大外。中間での強調材料にも乏しく、『馬込みは平気なのでどこかで内に潜り込み、馬群で闘争心を引き出せれば』と弱気でしたね」(栗東関係者B)

 同厩舎の多頭出しは人気薄を狙えとはよく言われるところだが、さすがに厳しいか。

武豊×ワールドプレミアの状態は? 『ハナだけは譲るつもりはない』あの馬が堂々の逃げ宣言!! カレンブーケドール「グランプリ男」と「善戦ウーマン返上」へ!?【口外無用!有馬記念(G1)特撰7頭】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?