NEW

阪神C(G2)ステルヴィオ「最大のライバル」はイタリア製の4輪駆動!? 自身のアイデンティティを懸けた「もう1つ」の戦い

【この記事のキーワード】,

阪神C(G2)「ステルヴィオ 故障」で自動車修理がズラリ……「最大のライバル」はイタリア製の4輪駆動!? 自身のアイデンティティを懸けた「もう1つ」の戦いの画像1

 2018年のマイル王ステルヴィオ(牡5歳、美浦・木村哲也厩舎)にとって、2年ぶりの重賞制覇のチャンスが巡ってきた。

 26日に阪神競馬場で行われる阪神C(G2)は、昨年のマイル王インディチャンプとの一騎打ちの様相。実績では後輩に軍配が上がるかもしれないが、レースのカギを握る1400m適性では、一日の長がある。

 そんなステルヴィオにとって、目の前のレースで復活勝利を挙げることが最優先だが、そのさらに“向こう側”に自身の存在感を懸けた「もう1つの戦い」があるという。

「昨今の競馬ファンの多くはネット検索を使って、自分の興味のある馬の情報を見ることができますが、今『ステルヴィオ』で検索すると、どうしてもイタリアの名車アルファロメオ・ステルヴィオを扱ったホームページが優先的に表示されます。

アルファロメオが日本でも人気なのは理解できますが、馬の方のステルヴィオもG1ホースですし、なんとか落ちてしまった検索順位を取り戻してほしいんですが……」(競馬誌ライター)

 ネット検索は、多くの場合「需要の高いページ」が優先して上位に表示される。したがって、ステルヴィオが低迷すればするほど、イタリアの名車が幅を利かせるというわけだ。ライター曰く、今では「ステルヴィオ 故障」と検索しても自動車の故障事例や修理屋の紹介ページばかりが表示されるという。

「今週の有馬記念(G1)に出走を予定しているキセキも、4人組ボーカルグループGReeeeNの『キセキ』と長年に渡る“一騎打ち”を続けていますね。どちらも根強い人気を誇っているため、キセキにはぜひ有馬記念を勝って名声をさらに高めてほしいです」(同)

 とはいえ、これらは競馬ファンの勝手な主張でもある。逆に競馬にまったく関心がない人々からすれば、様々なワードで登場する競走馬たちの存在に辟易していることだろう。

 ステルヴィオとキセキ、どちらもG1初勝利を飾ってから長いトンネルに入ってしまっている。今週末で前者にとっては約2年ぶり、後者に至っては約3年ぶりの勝利なるか。

 復活勝利の先には栄誉と名声、そしてネット検索の“地位向上”が待っているはずだ。

阪神C(G2)ステルヴィオ「最大のライバル」はイタリア製の4輪駆動!? 自身のアイデンティティを懸けた「もう1つ」の戦いのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?