NEW

有馬記念(G1)女傑ブエナビスタの敗因は「27日開催」の法則!? 過去30年の傾向から浮上した「穴馬」とは……

【この記事のキーワード】, ,

有馬記念(G1)女傑ブエナビスタの敗因は「27日開催」の法則!? 過去30年の傾向から浮上した「穴馬」とは……の画像1

 1年の総決算である有馬記念(G1)。昨年はクリスマス前の12月22日に行われたが、今年は年の瀬間近の27日に開催される。

 今回は過去30年間で、12月27日に開催された4回の有馬記念から馬券のヒントになる傾向を探る。勝ち馬に隠された幾つかの共通点とは……?

【12月27日に開催された有馬記念と優勝馬、1990年以降】
1992年 メジロパーマー(15番人気)
1998年 グラスワンダー(4番人気)
2009年 ドリームジャーニー(2番人気)
2015年 ゴールドアクター(8番人気)
2020年 ???

 優勝した4頭の単勝人気は15番人気のメジロパーマーを筆頭に、人気薄の馬が勝利している。ちなみに1番人気が馬券に絡んだのは、2009年のブエナビスタ(2着)だけだった。この傾向通りなら、今年も波乱含みになる可能性も考えておきたい。

 続いて、馬名に注目すると、ある傾向を発見した。優勝した4頭は全て濁音もしくは半濁音の文字を2つ持っていた(メ「ジ」ロ「パ」ーマー、「グ」ラスワン「ダ」ー、「ド」リーム「ジ」ャーニー、「ゴ」ール「ド」アクター)。

 今年の出走16頭を確認すると、以下の7頭が濁音もしくは半濁音の文字を2つ持っている。

・バビット
・ブラストワンピース
・クレッシェンドラヴ
・ラヴズオンリーユー
・ワールドプレミア
・カレンブーケドール
・モズベッロ

 この中でワールドプレミアとカレンブーケドールは上位人気の一角を占めることが予想されるが、他の5頭は伏兵的な存在だ。“27日開催の法則”が今年も発動するなら、上記7頭に注意を払いたい。しかし、もう少し頭数を絞り込みたいところ。

 そこで、さらに深掘りすると、過去の優勝馬4頭の馬名には、「ー」(音引き)が含まれていることに気付いた。グラスワンダーは1つ、メジロパーマーとゴールドアクターは2つ、そしてドリームジャーニーは3つと、その数は違うが、この法則通りなら、馬名に音引きがないバビット、クレッシェンドラヴ、モズベッロの3頭は消去しても問題なさそうだ。

 現時点で4頭が残っているが、もう“ひと絞り”したい。過去の優勝馬4頭の馬名を改めて見直すと、もう一つの共通点が浮かび上がった。

 メジロパーマー、グラスワンダー、ドリームジャーニー、ゴールドアクター。そう、もうお気づきだろう。馬名の最後が4頭そろって音引きで終わっているのだ。残った4頭の中でこれを満たすのは、ラヴズオンリーユー、ただ1頭。2つの濁音、音引き持ち、そして最後の文字も音引きだ。

 まさに「27日開催」の今年の有馬記念を勝つにふさわしいラヴズオンリーユー。法則通りの激走を見せてくれるだろうか。

有馬記念(G1)女傑ブエナビスタの敗因は「27日開催」の法則!? 過去30年の傾向から浮上した「穴馬」とは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声