NEW

有馬記念(G1)上位拮抗の大混戦を断つのは「◎」オーソリティ! 「激アツ情報」で“年末ジャンボ級”「特大穴馬」浮上で一発大逆転か

【この記事のキーワード】, ,

有馬記念(G1)上位拮抗の大混戦を断つのは「◎」オーソリティ! 「激アツ情報」で年末ジャンボ級「特大穴馬」浮上で一発大逆転かの画像1

 27日、中山競馬場で有馬記念(G1)が開催される。1年を締めくくるG1に豪華メンバーが集結した。

 過去10年の3連単平均配当は5万1616円と、1番人気が5勝しているわりには荒れ模様である。昨年は2、3、4番人気の決着だったが、断然人気のアーモンドアイが馬券圏外に沈んだことで5万円超えの配当となった。今年は上位人気が分散するが、思わぬ伏兵の台頭には警戒する必要がありそうだ。「強力現場情報」で有馬記念をハナビ杉崎が攻略する。

 先週の朝日杯FS(G1)は、「◎」がステラヴェローチェ、「〇」がレッドベルオーブ、さらに上位人気のモントライゼとドゥラモンドを「消し」とするまでは良かった。だが、グレナディアガーズを押さえていないという失態……。有馬記念でこの悔しさを晴らし、終わり良ければすべて良しとしたい。

 まず「◎」はオーソリティ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 過去10年で最多の5勝を挙げる3歳牡馬に期待したい。前走のアルゼンチン共和国杯(G2)は大外枠からの発走で、古馬相手に完勝。青葉賞を2分23秒0で制した素質馬が古馬を撃破してもおかしくないだろう。

「前走の追い切りはC.ルメール騎手が乗ったんですが、操作不能になってしまいました。それで心配してたんが、結果的にはポテンシャルが違いましたね。使った後はガス抜きができて、前走より気性面は問題なさそうです。馬体の張りや毛ヅヤもいいですし、パワーが凄くて何しろタフです。適度に時計のかかる中山の馬場はピッタリなので、消耗戦になればチャンスはあります」(厩舎関係者)

 父オルフェーヴル、母父シンボリクリスエスはそれぞれ有馬記念を2勝している。特に、シンボリクリスエスは今年他界しているため、天国からオーソリティの背中を押すかもしれない。

 鞍上の川田将雅騎手は先週の朝日杯FSを優勝。勢いに乗る鞍上と3歳馬のコンビを本命に推す。

次に「〇」はフィエールマン(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)だ。

 今年は天皇賞・春(G1)で連覇を達成し、天皇賞・秋(G1)ではアーモンドアイに半馬身差まで迫った。オールカマー(G2)を直前で回避するというアクシデントもあったが、前走の走りから不安はなさそうだ。

「最終追い切りは今の中山の芝を想定して、馬場の荒れた時間帯に行っていました。単走でしたが、反応も良かったですし、しっかりと伸びていましたね。文句なしの動きです。陣営も『確実に昨年以上のデキ』と自信ありげなので、期待できそうですよ」(競馬記者)

 C.ルメール騎手は有馬記念を2勝しており、連対率は驚異的の46.2%を誇る。当初の「オールカマー→ジャパンC」から「天皇賞・秋→有馬記念」というローテーション変更したことで、同騎手を確保できたのは大きいだろう。

有馬記念(G1)上位拮抗の大混戦を断つのは「◎」オーソリティ! 「激アツ情報」で“年末ジャンボ級”「特大穴馬」浮上で一発大逆転かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  6. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  10. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ