NEW

桜花賞馬キストゥヘヴンの仔タイムトゥヘヴンが「8馬身差」圧勝でクラシック候補に名乗り! 北村友一「能力を感じた」最強女王アーモンドアイとの「共通点」とは

【この記事のキーワード】,

桜花賞馬キストゥヘヴンの仔タイムトゥヘヴンが「8馬身差」圧勝でクラシック候補に名乗り! 北村友一「能力を感じた」最強女王アーモンドアイとの「共通点」とはの画像1

 桜の女王の血が、ついに目覚めた。

 26日、中山競馬場で行われた3R・2歳未勝利は、3番人気のタイムトゥヘヴン(牡2歳、美浦・戸田博文厩舎)が圧勝。2006年の桜花賞馬キストゥヘヴンの仔が、母仔クラシック制覇へ大きく名乗りを上げた。

 18頭立てで行われた芝2000mのレース。課題のスタートを決めたタイムトゥヘヴンは、積極的に前へ。ハナを主張したシックセーラーを行かせる形の2番手をキープすると、1000m通過62秒の流れを楽に追走した。

 4角先頭を決めてからは、まさに独壇場だった。ロングスパート合戦にライバルたちが次々と脱落する中、後続をぶっちぎっていくタイムトゥヘヴン。最後は2着馬に8馬身差をつける圧勝劇だった。

桜花賞馬キストゥヘヴンの仔タイムトゥヘヴンが「8馬身差」圧勝でクラシック候補に名乗り! 北村友一「能力を感じた」最強女王アーモンドアイとの「共通点」とはの画像2

「強い競馬でしたね。レース後に鞍上の北村友一騎手が『3回目のレースで、道中はすごくリズム良く集中して走ってくれた』と振り返った通り、今回は課題のスタートも決まりましたし、道中の折り合いも抜群でした。

母が桜花賞馬のキストゥヘヴンで、父がロードカナロアなので、マイル辺りが良さそうなイメージでしたが、タイムトゥヘヴンはスタミナがありそうな印象。時計のかかるこの時期の中山で、レースも消耗戦になりましたが、1頭だけ次元の違う走りでした。

皐月賞と同じ中山2000mで強い勝ち方をしましたし、来年のクラシックが楽しみな存在になりそうです」(競馬記者)

 一方で桜花賞馬の仔として、来年のクラシックで注目される存在になりそうなタイムトゥヘヴンだが、まだまだ幼い面もあるようだ。

「レースは8馬身差の圧勝とド派手でしたが、北村友騎手が『まだ直線などは遊んでいる気がして、馬自身にすごく余裕がある』と話した通り、後続を突き放した最後の直線でムチを入れられた際は、右へ左へとヨレるシーンも。まだ幼い感じですし、この辺りが解消すれば、さらに良くなりそうです。

距離をこなせるロードカナロア産駒といえば、先日引退したアーモンドアイが有名ですよね。あの馬もお母さんはエリザベス女王杯(G1)を勝ったフサイチパンドラと、血統面でもファンの多い馬だっただけに、タイムトゥヘヴンも今後ますます人気を集めるかもしれません」(別の記者)

 レース後、「能力を感じました」と評価した北村友騎手は、翌日の有馬記念(G1)でファン投票1位を獲得したクロノジェネシスの主戦騎手でもある。勢いに乗る若手騎手が、またもクラシック候補を手に入れたのかもしれない。

桜花賞馬キストゥヘヴンの仔タイムトゥヘヴンが「8馬身差」圧勝でクラシック候補に名乗り! 北村友一「能力を感じた」最強女王アーモンドアイとの「共通点」とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?