NEW

JRA三浦皇成「93度目」のG1挑戦ホープフルS(G1)「話にならない」ランドオブリバティまさかの逸走で「落馬に始まり、落馬に終わった」2020年

JRA三浦皇成「93度目」のG1挑戦ホープフルS(G1)「話にならない」ランドオブリバティまさかの逸走で「落馬に始まり、落馬に終わった」2020年の画像1

 キャリアの浅い2歳戦とはいえ、G1の大舞台でまさかのアクシデントだった。

 26日、中山競馬場で行われたホープフルS(G1)は、1番人気のダノンザキッドが優勝。師匠の安田隆行調教師とのG1初制覇に、鞍上の川田将雅騎手が漢泣きする感動的なフィナーレだった。

 その一方、そんな勝利騎手以上に話題を集めたのが、2番人気のランドオブリバティに騎乗した三浦皇成騎手だ。

「話にならない……」

 レース後、憮然とした表情でそう語ったのは、ランドオブリバティを管理する鹿戸雄一調教師だ。ハナを切って主導権を確保し、抜群の手応えで4コーナーを迎えたランドオブリバティだったが、そこからまさかの逸走……。

 コーナーを曲がり切れずに外へ逃げだすと完全に制御不能となり、外ラチにぶつかりそうになる直前、三浦騎手が飛び降りるように落馬した。

「うーん、驚きました。左回りのデビュー戦(新潟)では上手にコーナーを回っていましたし、今回と同じ中山2000mの芙蓉S(OP)では4コーナーで少し膨らむシーンもありましたが、内が悪い馬場コンディションだったので意図的にも見えていたんですが……。

鹿戸調教師も『調教では見せたことはないけど、子供っぽいところが出てしまったのかな』と困惑した様子でした。『ハナには行きたくなかった』とも話していたので、強いて(原因を)挙げるなら、初めて1頭で逃げる形になったことでしょうか。いずれにせよ、三浦騎手の容態が心配です」(競馬記者)

 なお、三浦騎手は検査のため、この日の最終レースの騎乗を自重。検査の結果、左胸部打撲と診断され、幸い大怪我というわけではなさそうだが、明日27日のレースもすべて乗り替わりとなった。

 それにしても三浦騎手にとって、この2020年は“悪夢”だったとしか述べようがない。

JRA三浦皇成「93度目」のG1挑戦ホープフルS(G1)「話にならない」ランドオブリバティまさかの逸走で「落馬に始まり、落馬に終わった」2020年のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  4. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  5. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  6. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  7. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. JRA岩田康誠「騎手が下手くそ」格下相手の惜敗に自虐節!? 七夕賞(G3)武豊がG1馬に導いた逸材が復活の兆しを示した分岐点