NEW

武豊「前人未踏」のJRA全G1制覇。ホープフルS(G1)でリーチならず、迫りくる「引退」へのタイムリミット

【この記事のキーワード】, ,

武豊「前人未踏」のJRA全G1制覇。ホープフルS(G1)でリーチならず、迫りくる「引退」へのタイムリミットの画像1

 武豊騎手は「前人未踏」の記録を達成できるのだろうか。

 26日、中山競馬場で行われたホープフルS(G1)は、川田将雅騎手が騎乗したダノンザキッドが1番人気に応えて快勝。2着にはC.ルメール騎手騎乗のオーソクレースが入り、武豊騎手のヨーホーレイク(牡2歳、栗東・友道康夫厩舎)は健闘するも3着に敗れた。

 これまでに数々のG1レースを制覇してきた武豊騎手にとって、まだ制していないJRAのG1は先週行われた朝日杯FS(G1)と、ホープフルSの2つ。今回勝利すればリーチが掛かる状況であったが、1馬身3/4差で前の馬には届かなかった。

 友道師は「まだ緩さが残るなか重たい馬場でも結果を出してくれています。一瞬の切れはありませんが、長くいい脚を使えるタイプ。中山2000mはレースがしやすいと思いますし、良馬場でやれればチャンスはある」と期待を持ってレースに送り込んだ。

 15頭立て芝2000mのレース。スタートで勝負は決まったのかもしれない。武豊騎手がレース後「ゲートの中はおとなしかったのですが、スタートをうまく出てくれませんでした」と語ったように、一完歩目で左へとバランスを崩した。

 ゲートを出切ると、今度は外にいたランドオブリバティに押し戻される形で右へ。再度バランスを崩したヨーホーレイクは後方からの競馬を強いられた。

 それでも、さすがは武豊騎手。道中で馬群を割ってリカバリーすると、ダノンザキッドの真後ろで直線に向いた。

 先に抜け出したダノンザキッドに、内から盛り返すオーソクレース。その2頭に迫る勢いでヨーホーレイクも脚を伸ばしたが、序盤での不利が堪え差は最後まで縮まらなかった。

 武豊騎手はレース後、「リカバリーは利きましたし、最後はよく伸びてくれています。馬は随分と良くなっています」とヨーホーレイクを労ったが、その差は「0.3秒」。自身にとっては悔しさの残るレースだったのではないだろうか。

 そんな武豊騎手も、来年の3月には52歳の誕生日を迎える。以前、トークショーで武豊騎手は、何歳まで現役を続けるのかを質問され「少しでも長くやりたいですね。目標としては60歳までやりたいし、やれたらいいなと思っています」と答えている。

 仮に現役を60歳まで続けるとなれば、残り9年。年でいえば長いが、各レースと考えれば9回ずつのチャンスとなる。まだ先の話とはいえ、じょじょにタイムリミットは迫っているのだ。

 来年以降に持ち越された「前人未踏」のJRA全G1制覇。それでも、武豊騎手なら――。

 ファンの多くが、そう思っているのではないだろうか。

武豊「前人未踏」のJRA全G1制覇。ホープフルS(G1)でリーチならず、迫りくる「引退」へのタイムリミットのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  4. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  5. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  6. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  7. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. JRA岩田康誠「騎手が下手くそ」格下相手の惜敗に自虐節!? 七夕賞(G3)武豊がG1馬に導いた逸材が復活の兆しを示した分岐点