NEW

JRAクロノジェネシス「リスグラシューの法則」で有馬記念(G1)制覇! 過去4戦4勝「確勝サイン」はレース前から出ていた!?

【この記事のキーワード】,

クロノジェネシス「リスグラシューの法則」で有馬記念(G1)制覇! 過去4戦4勝「確勝サイン」はレース前から出ていた!?の画像1

 27日、中山競馬場で行われた有馬記念(G1)は、北村友一騎手の1番人気クロノジェネシス(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)が優勝した。5馬身差圧勝を飾った宝塚記念(G1)に続きグランプリを制覇。通算3勝目のG1タイトルを手に入れた。

 デビューから誰にも手綱を譲ったことがない馬での勝利に、北村友騎手喜びもひとしおだったに違いない。満面の笑みでの勝利騎手インタビューとなった。

 レース後のコメントでは「いつもの自然体を心掛けたかった。折り合いもスムーズでした」と最高の結果を振り返り、「2500mは昨日も今日も乗せていただいて自分の中でいいイメージを描いて競馬したつもりです。今年は未対戦の三冠馬が2頭いますので、譲らないように主役として引っ張っていけるような存在であって欲しい」と来年への思いをコメントした。

 16頭立てのフルゲート。先手を取ったのは大方の予想通りバビット。フィエールマンはC.ルメール騎手が2番手の好位という積極的な競馬を選択。これとは対照的にクロノジェネシスは12番手という意外な位置取りだった。前半1000mが1分2秒2のスローペースに落ち着いたこともあり、道中の隊列に大きな変化はなかった。G1の大舞台ということもあってか、淡々と流れていく。

 レースが動いたのは残り1000m手前あたりから。後方にいたクロノジェネシスが徐々にポジションを押し上げていく。名手ルメール騎手が手綱を取るフィエールマンは秋の天皇賞で後塵を拝した相手。ライバルの背中は鞍上の北村友騎手にとって絶好の目標となったのかもしれない。

 前半をリラックスして走ったクロノジェネシスの手応えは抜群だ。直線入り口ではフィエールマンのすぐ後ろまで差を詰めた。先に抜け出しを図ったフィエールマンに狙いを定めてパートナーを叱咤激励。懸命に粘りこむ相手をゴール前で捕まえ、猛追してきたサラキアの追撃をクビ差で凌ぎ切った。

「中山コースの経験が少ない北村友騎手にとって有馬記念までに2500mのレースを2度騎乗できたことも大きかったと思います。本人もコメントしていたように、いいイメージで大一番に臨むことができた理由でしょう。

3着に敗れた秋の天皇賞では、好位からの競馬が出来なかったことを悔やんでいただけに、後ろからの競馬は少々意外でしたが問題なかったですね」(競馬記者)

 その一方で、クロノジェネシスの勝利を予感させる「サイン」も出ていたという意見もあった。

 クロノジェネシスは440キロでデビュー。10キロ増で出走した有馬記念はデビュー以来最高の474キロだった。ここまでキャリア12戦を重ねて馬体重増で出走したレースは4戦4勝の無敗だったのだ。

 昨年の勝ち馬リスグラシューも432キロでデビューした馬だが、引退レースの有馬記念では468キロと最高体重での勝利だった。

 どちらも古馬を迎えてのさらなる成長が、本格化を後押しする原動力となったに違いない。

JRAクロノジェネシス「リスグラシューの法則」で有馬記念(G1)制覇! 過去4戦4勝「確勝サイン」はレース前から出ていた!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?