NEW

JRA有馬記念(G1)M.デムーロ&武豊「無限列車」に搭乗失敗!? 「ゴチャゴチャした」枠順抽選会の「明暗」が大逆転

【この記事のキーワード】

, ,

JRA有馬記念(G1)M.デムーロ&武豊「無限列車」に搭乗失敗!? 「ゴチャゴチャした」枠順抽選会の「明暗」が大逆転の画像1

 まるで1つの“列車”のように、ビクトリーロードを駆け抜けていった。

 27日に中山競馬場で行われた有馬記念(G1)は、クロノジェネシスが優勝。史上8頭目となる同一年におけるグランプリ春秋連覇を成し遂げた。

「岡部さん、何の枠引いてんの?」(8枠15番、横山典弘騎手)
「もう一回引いてもらえます?」(8枠16番、岩田康誠騎手)
「もう少し内が欲しかった」(5枠10番、池添謙一騎手)
「もう少し内に越したことはない」(4枠7番、福永祐一騎手)

 上記は、有馬記念の枠順を決める公開抽選会の結果を受けたジョッキーたちのコメントだ。全員に共通するのは「少しでも内枠が欲しい」という思惑だったに違いない。

 しかし、結果は9番クロノジェネシスが優勝、2着に14番サラキア、3着に13番フィエールマンが入線するなど、例年の傾向と真逆となる外枠有利の結果となった。

 その影響をモロに受けたのが、枠順抽選会で3枠5番に入り「てっきり1番かと」と軽快なジョークを飛ばした武豊騎手と、2枠4番に「サイコー。とっても嬉しいです」と喜びを爆発させたM.デムーロ騎手だ。

JRA有馬記念(G1)M.デムーロ&武豊「無限列車」に搭乗失敗!? 「ゴチャゴチャした」枠順抽選会の「明暗」が大逆転の画像2

 レース後、5着同着に終わったワールドプレミアに騎乗していた武豊騎手が「スタートは出たので、ポジションを取りに行ったらゴチャゴチャした」と不満を漏らせば……。

 10着に大敗したラヴズオンリーユーのデムーロ騎手も「馬場が良くなくて、特に内が悪いので、4頭分外を走りたかった。ただ、外からのプレッシャーがきつくて」と、まさに無念といった様子。枠順抽選会の「明暗」が見事に逆転する結果となった。

 その象徴的な現象が、実は1周目の正面スタンド前で起きていた。

JRA有馬記念(G1)M.デムーロ&武豊「無限列車」に搭乗失敗!? 「ゴチャゴチャした」枠順抽選会の「明暗」が大逆転のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!