NEW

元JRA細江純子さん有馬記念(G1)キセキ「出遅れ」予言的中! 角居師ラスト有馬記念(G1)もほろ苦い結果…… 前走大暴走から一転「優等生」変身の裏事情

【この記事のキーワード】

, ,

元JRA細江純子さん有馬記念(G1)キセキ「出遅れ」予言的中! 角居師ラスト有馬記念(G1)もほろ苦い結果…… 前走大暴走から一転「優等生」変身の裏事情の画像1

 27日、中山競馬場で行われたドリームレース・有馬記念(G1)は、クロノジェネシスが制して春秋グランプリを制覇。9冠馬アーモンドアイの後継者となるべく、来年は三冠馬コントレイル、デアリングタクトの2頭を迎え撃つことになる。

 アーモンドアイをはじめ、とにかく牝馬が大躍進した1年だったといえるだろう。2着にも11番人気の低評価ながらサラキアが食い込んで牝馬のワンツーフィニッシュ。上位に入った6頭中4頭が牝馬だったことも、今年を象徴する結果かもしれない。

 展開に大きく影響を与えたのは、やはりキセキ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)だ。

 前走のジャパンC(G1)で1000m通過が57秒9の激流を作り出した張本人である。この馬が逃げるようだと、ハイペースは避けられない。レース前には陣営から逃げを仄めかす発言が出ていたこともあり、展開のカギを握る1頭だった。

 16頭のフルゲートで行われたレース。キセキはスタートで痛恨の出遅れ、後方2番手からの競馬を強いられる。スローペースが決定的になった瞬間だった。バビットが逃げたレースの流れは1000m通過1分2秒2に落ち着くと、いち早くスローを察したC.ルメール騎手のフィエールマンは大胆な2番手からの競馬。他にもオーソリティ、ブラストワンピースらが続いて先行勢は一団となった。

 レースの動いた3コーナー手前からクロノジェネシスが、徐々にポジションを上げていく。キセキもこれに呼応するように、最後の直線で5番手まで上がったものの、2頭の手応えの差は歴然。クロノジェネシスが直線で粘るフィエールマンを交わしてゴールした一方で、キセキはズルズルと後退して12着で入線した。

 ジャパンC、秋の天皇賞(G1)と、キセキはここ2戦でスタートを決めていたが、暮れの大一番で再び悪い癖が出てしまった。

 レース後、浜中俊騎手は「スタートで出なかったので、後ろから。じっくり行って、折り合いもつきすぎるくらい。最後は勝ち馬を目標に動いたけど、相手が強かったです」と、振り返っている。

元JRA細江純子さん有馬記念(G1)キセキ「出遅れ」予言的中! 角居師ラスト有馬記念(G1)もほろ苦い結果…… 前走大暴走から一転「優等生」変身の裏事情の画像2

 だが、このキセキの出遅れを予言していた人物が元JRA騎手の細江純子さんだ。

 詳細については本サイトを確認いただきたいのだが、『netkeiba.com』にて連載中の『プロが指南するパドック診断』でキセキの馬体をジャッジしたうえで、「これは予感&老婆心なのかもしれませんが」と前置きしつつ、「個人的に今回はゲートの遅れの心配が増すような気がしています」とコメントしていた。

元JRA細江純子さん有馬記念(G1)キセキ「出遅れ」予言的中! 角居師ラスト有馬記念(G1)もほろ苦い結果…… 前走大暴走から一転「優等生」変身の裏事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!