NEW

ホープフルS(G1)逸走ランドオブリバティに「500万円」の大勝負!? 阪神JF(G1)「2800万円」とは対照的な残酷な結末

ホープフルS(G1)逸走ランドオブリバティに「500万円」の大勝負!? 阪神JF(G1)「2800万円」とは対照的な残酷な結末の画像1

 26日に行われた2歳王者決定戦・ホープフルS(G1)は1番人気ダノンザキッドが優勝した。サートゥルナーリア、コントレイルと2年連続でクラシックホースを輩出しているレースだけに、ダノンザキッドがクラシック候補筆頭に躍り出たと言えるだろう。

 その一方、2番人気のランドオブリバティ(牡2歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)は競走中止という衝撃の幕切れとなった。

 ハナを切ったランドオブリバティは、4コーナーまで抜群の手応えで先頭を走る。だが、最後の直線に向く際、外に大きく逸走。外ラチにぶつかり、三浦皇成騎手は落馬して競走中止となった。

 これには鹿戸調教師も「話にならない」と厳しいコメント。期待されていた分だけ、ショックは大きかったに違いない。

 上位人気馬がまさかのアクシデントに見舞われたことで、ため息をついたファンも多かっただろう。ただ、その中でオーナー、生産者、陣営、三浦騎手と同じぐらいショックを受けた人物がいるかもしれない。

 前日発売のオッズに違和感を覚えたファンも多いのではないだろうか。一時、ランドオブリバティが1.4倍の1番人気で、ダノンザキッドは4.9倍の2番人気だった。

最終的にはダノンザキッドが2.1倍の1番人気、ランドオブリバティが3.5倍の2番人気に落ち着いたが、前日発売の時点ではランドオブリバティが1番人気だったのだ。

 これには前日発売で「約500万円」の大口購入があったことが影響している。これによりランドオブリバティのオッズは2.9倍から1.4倍に急上昇し、レース当日の朝9時過ぎまで1番人気をキープしていた。

 大口購入といえば、今年の阪神JF(G1)が記憶に新しいところである。

レース当日の昼頃、ソダシの単勝、複勝にそれぞれ約1400万円の投票があった。これにより、単勝オッズが2.9倍から2.5倍へ、複勝の下限オッズが1.3倍から1.1倍へと変動した。

 レース結果はソダシが優勝。もし、この投票が1人の人物によるものだとすれば、単勝3.2倍、複勝1.5倍をそれぞれ的中したこととなり、合計で約6580万円の払い戻しを受け取った計算になる。実に羨ましい話だ。

 それとは対照的に、ランドオブリバティの単勝に賭けた人物は悲劇そのもの。逸走していく本命馬をどのような気持ちで見ていたのだろうか……。

 改めて、競馬は身の丈に合った金額で楽しむのがいいと感じされた出来事だ。

ホープフルS(G1)逸走ランドオブリバティに「500万円」の大勝負!? 阪神JF(G1)「2800万円」とは対照的な残酷な結末のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話