NEW

【JRA2020Good!ニュースTOP5】アーモンドアイ前代未聞、牡馬&牝馬無敗の3冠馬爆誕、新女王候補はあの1頭!? ルメール無双にストップをかけるのは「黄金世代」!?

【JRA2020Good!ニュースTOP5】アーモンドアイ前代未聞、牡馬&牝馬無敗の3冠馬爆誕、新女王候補はあの1頭!? ルメール無双にストップをかけるのは「黄金世代」!?の画像1

 先週末で2020年のJRA競馬の全レースが終了。そこで今回は、今年競馬界を揺るがせたニュースの独断と偏見で編集部がピックアップ!暇つぶしがてらご笑覧いただけたら幸いだ。。暇つぶしがてらご笑覧いただけたら幸いだ。

【1位】アーモンドアイG1・9勝達成

 アーモンドアイは、今年の始動戦となる5月のヴィクトリアマイル(G1)で、2着に4馬身差を付けて圧勝。安田記念(G1)こそグランアレグリアの激走の前に敗れたものの、天皇賞・秋(G1)を勝ち、シンボリルドルフ、ディープインパクト、キタサンブラックら歴史的名馬を超える芝G1・8勝目を達成した。

 そしてラストランとなるジャパンC(G1)でさらなる記録更新を狙い、牡馬3冠コントレイル、牝馬3冠デアリングタクトらと激突。そこでも圧巻の走りでライバルをねじ伏せると、G1勝利数を9に伸ばし、歴代獲得賞金ランキングでもトップに立った。

 歴史的名馬としての地位を確固たるものにしたアーモンドアイは、先日、中山競馬場で引退式を行った。

 今後、繁殖牝馬となるが、初年度の交配相手にはどの馬が選ばれるのだろうか? 素質あふれる産駒の誕生を期待したい。

【関連記事】
JRA武豊「アーモンドアイ×ルメール」コンビを絶賛!「普通に乗って、普通に勝ったように見えるけど……」騎乗停止になった自虐ネタも披露

JRAジャパンC(G1)優勝アーモンドアイ繁殖入りに「最強配合」の夢広がる!注目の初年度はあの馬が最有力も…… 最強牝馬に立ちはだかる苦しい現実

JRAジャパンC(G1)「23年ぶり」矢作厩舎コントレイルと2頭出しなら「3世代」オークス馬対決か…… 97年以来の実現で女の意地がぶつかり合う?

【2位】牡馬・牝馬3冠馬誕生

【JRA2020Good!ニュースTOP5】アーモンドアイ前代未聞、牡馬&牝馬無敗の3冠馬爆誕、新女王候補はあの1頭!? ルメール無双にストップをかけるのは「黄金世代」!?の画像2

 今年はコントレイル、デアリングタクトと牡馬、牝馬ともに無敗の3冠馬が誕生。記録に残る1年となった。

 2頭はジャパンCでアーモンドアイに挑戦するも、惜敗。最強女王の牙城を崩すことはできなかったものの、一線級の実力を持つことを証明してみせた。2021年のJRA競馬界をこの2頭が牽引すると見て間違いないだろう。

 そして気になるのは次走だが、3冠牝馬のデアリングタクトは金鯱賞(G2)からのスタートを予定。コントレイルは始動戦を名言していないが、大阪杯(G1)を視野に入れているという。

 金鯱賞では1着馬に大阪杯の優先出走権が与えられる。もしかすると、大阪杯で3冠馬対決の第2ラウンドが行われる可能性も!?

【JRA2020Good!ニュースTOP5】アーモンドアイ前代未聞、牡馬&牝馬無敗の3冠馬爆誕、新女王候補はあの1頭!? ルメール無双にストップをかけるのは「黄金世代」!?の画像3

【関連記事】

JRA松山弘平「出会えて幸せ」デアリングタクトで武豊超えの快挙! 皐月賞馬での日本ダービーで「何もできなかった」苦い経験から3年

JRAコントレイルは「本当」に長距離適性がないのか!? 陣営は「絶縁」宣言も……菊花賞(G1)で証明された父ディープインパクトの底力

3冠馬対決「第2ラウンド」は大阪杯(G1)!? デアリングタクト金鯱賞から始動で気になる次走。杉山調教師「意味深コメント」から読み解ける選択肢とは

【JRA2020Good!ニュースTOP5】アーモンドアイ前代未聞、牡馬&牝馬無敗の3冠馬爆誕、新女王候補はあの1頭!? ルメール無双にストップをかけるのは「黄金世代」!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!