NEW

【JRA2020ジョッキー!ニュースTOP5】川田将雅悲喜こもごも、武豊過去10年最多勝利、横山典弘の天才っぷりに翻弄!? 低迷デムーロ復活の鍵は? JRAレジェンドがSNSで活躍

【この記事のキーワード】, ,

【3位】天才・横山典弘騎手に翻弄される……

 多くの騎手から「天才」と称される横山典弘騎手。だが才気煥発すぎるがあまり、常人には理解しづらい騎乗を見せることが多い。

 今年もエリザベス女王杯(G1)で2番人気に支持されたノームコアで、デビュー戦以来の逃げを打つと16着と大敗……。また富士S(G2)では、シーズンズギフトで単騎逃げが予想されていたスマイルカナにスタート直後から執拗に絡んだ末に殿負けを喫した。

 その一方で、オークス(G1)では絶妙な位置取りで7番人気のウインマリリンを2着に導くと、ステイヤーズS(G2)でも7番人気のオセアグレイトで3番手の好位から追走し、最後の直線で逃げ馬を捉える完璧な競馬を展開して優勝。朝日杯FSでもステラヴェローチェでロスなくインを回ると、最後の直線では馬群を縫っていくような見事な手綱さばきを見せて2着と好走した。

 いい意味でも悪い意味でも期待を裏切る騎乗を見せる横山典騎手は2021年もファンを悩ませる存在となる!?

【関連記事】
JRAオークス(G1)横山典弘「先々でも楽しみ」父が息子に「お手本」魅せた!? 「親子鷹」ウインマリリンあわやの大金星!

JRAエリザベス女王杯(G1)横山典弘ノームコア「悲劇の前ポツン」16着大敗にブーイングの嵐!?「思い描いたレースはできた」天才ジョッキーの“奇策”に悲鳴JRA福永祐一が逃した「ビクトリーロード」を攻略した横山典弘に絶賛の嵐! 朝日杯FS(G1)2着ステラヴェローチェに安藤勝己氏も高評価

【4位】悩めるM.デムーロ騎手スランプ脱却は……

 数年前まで、ルメール騎手と並び称されていたデムーロ騎手。だが、昨年は91勝と通年免許取得後はじめて100勝を割ると、今年はさらに勝ち数を減らして65勝。成績が下降の一途を辿っている。

 また2017年にはG1レース10連続複勝圏という驚異的な記録を持つほど勝負強いことで知られていたが、最近ではそれも鳴りを潜めているようだ。

 それでも2020年の締めくくりの1戦となる東京大賞典(G1)では、お手馬オメガパフュームを見事3連覇に導くことに成功した。この勝利が復活の狼煙となってくれればいいのだが……。

【関連記事】

JRA M.デムーロ「チグハグ」騎乗連発の謎が明らかに!? 後方から敗れたサリオス、逃げて大敗レインフロムヘヴン……。「重賞19連敗」ドゥラメンテコンビは過去の栄光か

【有馬記念】ラヴズオンリーユー「なぜ下げた」!?……先行宣言M.デムーロ “不可解”位置取り、痛恨の「12月未勝利」でフィニッシュ

JRA M.デムーロ「G1勝率5割」はもはや過去の栄光!? 神騎乗連発が招いた慢心か…… ついには「来たら事故」レベルまで評価大暴落

【JRA2020ジョッキー!ニュースTOP5】川田将雅悲喜こもごも、武豊過去10年最多勝利、横山典弘の天才っぷりに翻弄!? 低迷デムーロ復活の鍵は? JRAレジェンドがSNSで活躍のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話