NEW

2020年「G1未勝利」武豊をデータで徹底解剖!今年相性が良かった厩舎・馬主は?来年はクラシック戦線の主役へ!?

【この記事のキーワード】, ,

2020年「G1未勝利」武豊をデータで徹底解剖!今年相性が良かった厩舎・馬主は?来年はクラシック戦線の主役へ!?の画像1

 コロナ禍に揺れた2020年。競馬界では、レジェンド・武豊騎手が年間115勝を挙げ、全国リーディング5位と存在感を示した。

 年間の勝利数は、2009年以降で最多となった一方、G1レースは20回騎乗し、「0-2-2-16」。桜花賞(レシステンシア)と宝塚記念(キセキ)で2度の2着はあったが、2年ぶり5度目のJRA・G1未勝利で2020年を終えた。

 今年3月に51歳を迎えた武豊騎手。2020年はどのような年だったのだろうか。幾つかのデータでひも解いていこう。

【厩舎別勝ち鞍トップ3】
1位 友道康夫 10勝「10-3-3-12」
2位 武幸四郎  7勝「7-9-6-23」
3位 武英智   5勝「5-5-3-17」
3位 池江泰寿 5勝「5-3-0-6」
3位 野中賢二 5勝「5-0-2-5」
 
 まずは、厩舎別の勝ち鞍数を見ると、最多は友道厩舎で10勝だった。16年までは年間数鞍だったこのタッグ。数年前から徐々に乗鞍数が増え、17年から7→13→19→28と右肩上がり。ただし、今年は重賞に9回挑戦したが、未勝利に終わった。

 2位の7勝を挙げたのは、弟の武幸厩舎だった。開業からまもなく3年。このタッグでの重賞挑戦はまだないが、もし実現すれば大きな話題になることは間違いないだろう。

 武豊騎手とのタッグで3人の調教師が5勝した。注目すべきは再従兄弟にあたる武英厩舎だろう。ご存じの通り、同厩舎が管理するメイケイエールが武豊騎手とのコンビで小倉2歳S(G3)とファンタジーS(G3)を連勝。阪神JF(G1)でも見せ場たっぷりの4着に好走した。果たして“武ファミリー”の更なる躍進はあるか。

【馬主別勝ち鞍トップ3】
1位 ゴドルフィン 8勝「8-1-2-13」
2位 社台RH 7勝「7-0-3-11」
3位 松本好雄 6勝「6-4-2-10」

 馬主別成績で最多となる8勝を挙げたのはゴドルフィンだった。まだ馬主名義が「シェイク・モハメド」だった頃から付き合いはあるが、19年の16鞍から今年は24鞍と着実に絆を深めている。

 武豊騎手と強い絆で結ばれている馬主で最も有名なのがキーファーズだろう。19年には断トツとなる52回もの騎乗機会があり、11勝と結果を残していた。しかし、20年は一転、騎乗機会も25回に半減。勝ち鞍も1つだけに終わってしまった。秋にはクールモアグループと共同所有するジャパンで凱旋門賞(G1)に挑戦する予定だったが、飼料から禁止薬物が検出され出走取り消しに……。このタッグは、波に乗れないまま1年が過ぎてしまった印象だ。

2020年「G1未勝利」武豊をデータで徹底解剖!今年相性が良かった厩舎・馬主は?来年はクラシック戦線の主役へ!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  4. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  5. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  6. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  7. JRAオークス。武豊ウォーターナビレラに400mの壁?桜花賞馬スターズオンアース、川田アートハウス、横山武史ナミュールを上回る意外な本命穴馬!
  8. JRA「1番人気連敗」ワースト記録は必然!? アーモンドアイ、コントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスらが築いた「最強時代」の反動とは
  9. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  10. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償