NEW

M.デムーロ「皆さんごめんなさい」プレッシャーで度忘れ!? 東京大賞典(G1)3連覇達成も「お得意のポーズ」は……12月「0勝」から起死回生の勝利

【この記事のキーワード】, ,

 史上初の3連覇達成――。

 29日、大井競馬場で行われた東京大賞典(G1)は、M.デムーロ騎手が騎乗した1番人気のオメガパフューム(牡5歳、栗東・安田翔伍厩舎)が優勝。同レース史上初の3連覇を達成した。

 16頭立てのレースを7番ゲートからスタートしたオメガパフュームは、ゲートにもたれる感じで後方から。しかし、二の脚は速く中団まで押し上げると、道中は好位の外目を追走。前に2番人気のダノンファラオを見る絶好の位置取りで3コーナーを迎えた。

 ダノンファラオが仕掛けを開始すると、それを見るように外からオメガパフュームも進出し、直線で先頭に立ったカジノフォンテンを追撃する。しかし、ダノンファラオは残り200mで早くも脱落。粘るカジノフォンテンに、それを追うオメガパフューム、さらに外からウェスタールンドが迫り、3頭の争いになった。

 残り100mでオメガパフュームが先頭に立つが、それに食い下がるカジノフォンテン。外から迫ったウェスタールンドも最後は脚色が一緒になり、そのまま押し切ったオメガパフュームが勝利した。

 レース後のインタビューでデムーロ騎手が「メンバーを考えたら結構弱いと思ったけど、展開はとても厳しかったですね」と話したのは、近走の相手が強かったということだろう。大井で出走したオメガパフュームの近2戦は、帝王賞(G1)、JBCクラシック(G1)で2着。勝利したのはともに当時、国内無敗のクリソベリルだった。それだけに負けられない一戦だったということだろう。

 また、今年のデムーロ騎手はJRA移籍後で最も少ない「年間65勝」と不振に陥った年でもある。さらに、12月はここまで「0勝」と今までになく精彩を欠いており、勝利から遠ざかっていた状況を考えればプレッシャーも相当にかかっていたはずだ。

「早め先頭立ったら物見をするから、ちょっと難しい展開だった」という言葉からも、人気馬だけに仕掛けどころも難しかったはず。今回の勝利は、デムーロ騎手にとって胸を撫で下ろす勝利だったに違いない。

 勝利騎手インタビューでは「とっても嬉しいですね。皆さんごめんなさい、飛行機してなかったです」とプレッシャーから解き放たれた気のゆるみか、勝利後にガッツポーズは出たものの、馬上で手を広げる「お得意のポーズ」は度忘れしていたようだ。

 プレッシャーに打ち勝ち、史上初の偉業を成し遂げたデムーロ騎手。来年は、かつての輝きを取り戻したような活躍に期待したい。

M.デムーロ「皆さんごめんなさい」プレッシャーで度忘れ!? 東京大賞典(G1)3連覇達成も「お得意のポーズ」は……12月「0勝」から起死回生の勝利のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  4. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  5. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  6. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  7. JRAオークス。武豊ウォーターナビレラに400mの壁?桜花賞馬スターズオンアース、川田アートハウス、横山武史ナミュールを上回る意外な本命穴馬!
  8. JRA「1番人気連敗」ワースト記録は必然!? アーモンドアイ、コントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスらが築いた「最強時代」の反動とは
  9. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  10. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償