NEW

JRAハーツクライ産駒にまさかの「早熟」説!? 絶好調“当たり年”もサリオス頼み…… リスグラシュー、ジャスタウェイが成功した違い

【この記事のキーワード】,

JRAハーツクライ産駒にまさかの「早熟」説!?  絶好調当たり年もサリオス頼み…… リスグラシュー、ジャスタウェイが成功した違いの画像1

 2019年にディープインパクト、キングカメハメハという種牡馬の横綱格2頭が急逝し、その血の希少価値がさらに高まったハーツクライ。しかし、同馬も現在19歳という高齢でもあり、残された種牡馬生活は決して長くないだろう。

 ハーツクライといえば、当時無敵を誇ったディープインパクトが国内で唯一、敗戦を喫した2005年有馬記念(G1)の勝ち馬としても有名だ。3歳クラシックではキングカメハメハやダイワメジャーの陰に隠れていたが、古馬になってから急成長。有馬記念でG1初勝利を飾ると、次走のドバイシーマクラシックでG1連勝を決めた。続いて挑戦したキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1)でもハリケーンランやエレクトロキューショニスト相手に3着と善戦し、引退後は種牡馬となった。

 代表産駒であるジャスタウェイ、シュヴァルグラン、スワーヴリチャードには、後継種牡馬として父の血を残していくことが期待されている。

 そんなハーツクライ産駒だが、とりわけ大きな期待をされていたのが今年のクラシック戦線だ。昨年の2歳重賞では勝ち馬を多数輩出する豪華ラインアップとなっていた。新潟2歳S(G3)をウーマンズハート、サウジアラビアRC(G3)をサリオス、京都2歳S(G3)をマイラプソディが勝利と快進撃が続いた。サリオスは朝日杯FSも制してG1勝利を飾っている。さらには重賞勝ちこそないが、堅実な好走を見せるクラヴァシュドールの存在もあった。

 しかし、年を越していざクラシック戦線を迎えると、前年の活躍が嘘だったかのように多くの産駒が不振に陥った。サリオス同様に大将格と見られていたマイラプソディが、共同通信杯(G3)で凡走、ウーマンズハートやクラヴァシュドールもクラシックで3着にすら入れない有様だった。

 そんな中で唯一気を吐いたのがサリオスだったが、無敗の三冠馬となったコントレイルが同世代にいたことは最大の不運といえるだろう。最終的に翌年も重賞勝ちを挙げることに成功したのは、秋の毎日王冠(G2)を勝利したサリオスのみ。晩成タイプのイメージが強いハーツクライの産駒としては真逆にも映る早熟な結果となってしまった。

「父が晩成型だったからといって、産駒は母の影響も色濃く出るため、必ずしも同じ成長曲線を辿る訳でもありません。これは今に始まったことではなく、それぞれの馬で個性も変わって来るでしょう。

ただ、その最たる成功といえるリスグラシュー、ジャスタウェイに共通していえそうなことは、勝ち切れないまでも成長が続いていたことです。どちらも善戦しても勝利まであと一歩という馬でしたから……」(競馬記者)

 そういう意味では、既に大敗も珍しくなくなってしまった他馬に比して、安定感のある成績を残しているサリオスにはまだまだ希望は残されていそうな雰囲気はある。

JRAハーツクライ産駒にまさかの「早熟」説!?  絶好調当たり年もサリオス頼み…… リスグラシュー、ジャスタウェイが成功した違いの画像2

 心強いのは姉のサラキアが引退レースとなった有馬記念で2着に入ったことだ。同馬はディープインパクト産駒ではあるが、5歳秋まで重賞勝ちさえなかった馬が府中牝馬S(G2)で初重賞勝ちを挙げるとエリザベス女王杯、有馬記念とG1を連続で好走している。

 同じ母の仔であるサリオスにとっても、来年以降に姉と同様に急成長を見せる可能性は十分に考えられるだろう。既に高いポテンシャルを見せている馬だけに、父母の「晩成の血」が騒げば、コントレイル打倒もあながち夢ではなくなるかもしれない。

JRAハーツクライ産駒にまさかの「早熟」説!? 絶好調“当たり年”もサリオス頼み…… リスグラシュー、ジャスタウェイが成功した違いのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」