NEW

パチスロ『6.1号機・北斗の拳』ついに始動!甘デジ大当り期待度「約98%」ネオ時短など…サミーの激アツ新台が続々!!

【この記事のキーワード】

, , , ,

パチスロ『6.1号機・北斗の拳』ついに始動!甘デジ大当り期待度「約98%」ネオ時短など…サミーの激アツ新台が続々!!の画像1
サミーHPより

 パチンコ・パチスロ両分野に話題作を投入し続ける業界大手サミー。昨年も『北斗の拳』シリーズなど、注目度の高いマシンを導入しホールを大いに盛り上げた。

 そんなヒットメーカーの勢いは、さらに加速しそうだ。待望の6.1号機スペックを搭載した『北斗の拳』が、ファンに新たな興奮を与える。

パチスロ北斗の拳 宿命』は50枚あたりのベース約35.8Gと低ベース化を実現。AT確率は約1/340(設定1)~約1/194(設定6)と、スピーディなゲーム展開を期待できそうだ。

 出玉増加の軸は1G純増約2.8枚のバトルボーナスで減少区間なしという仕様。バトル継続型の「伝承」、枚数管理型の「拳王」という2種類のBBが期待感の新境地を開拓する。

 シリーズでお馴染みの「中押し遊技」には新たな遊技性が追加。北斗専用筐体役物の「秘孔ギミック」が新感覚の演出を提供するなど、ファン必見の要素は満載だ。

 ホール導入は3月を予定。「パチスロを変える」と宣言した『北斗の拳』が快進撃を見せられるかに注目したい。

 この他、パチスロ分野には「Type-D」と銘打つ最新タイトル『パチスロ頭文字D』が降臨。1月12日より導入予定の『パチスロ頭文字D』は、「AT中のみボーナス出現率が上昇する」という画期的なシステムが特徴だ。コンテンツの人気も後押しし、好反響が寄せられそうである。

 パチンコ分野では『デジハネPA交響詩篇エウレカセブン HI-EVOLUTION ZERO』が1月に登場予定。基本的には3Rの出玉獲得後に時短「SEVEN SLASH」へ突入し、ここで再び大当りを引いてST100回の「SEVEN SLASH EXTRA」突入する流れだ。

 ST継続率は約78%、大当り時の50%で10R(約1000発)の出玉を期待できる仕様。デジハネとは思えぬ破壊力を有している点は、本機の稼働に大きな影響を与えそうだ。

 注目の遊タイムは低確率「250回転」消化で発動。その後の時短は「379回」と、前作よりパワーアップしている。ここでの大当り期待度は破格の「約98%(遊タイムは大当り間1回のみ)」と、こちらも文句なしの内容と言えるだろう。前作同様に好稼働を実現できるかに注目だ。

 さらには高い人気を誇る「物語シリーズ」の最新作も始動。パチンコ新台『P〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』が2月に降臨予定となっている。

パチスロ『6.1号機・北斗の拳』ついに始動!甘デジ大当り期待度「約98%」ネオ時短など…サミーの激アツ新台が続々!!の画像2
サミーHPより

■大当たり確率:約1/199.8(約1/7.68)
■賞球:1&2&4&11
■カウント:10C
■時短:1回or10回or255回
■遊タイム:時短255回
〇〇〇

 待望のシリーズ最新作は遊タイム搭載タイプで、通常時599回の消化で255回の時短がスタート。「突入=大当り濃厚」と、ハマリ救済の役割を十分に果たしてくれそうな内容だ。

 RUSH「こよみドリーム」は時短10回+保留4回。その継続率は約86%を誇り、35%で10Rを獲得できる仕様。まとまった出玉も十分に狙える仕上がりだ。

 圧倒的なボリュームを誇る演出面も注目のポイント。新楽曲や収録音声が用意されているなど、確実にパワーアップしている印象だ。

 サミー×〈物語〉シリーズは「至高の品質」へ。パワーアップした最新作が旋風を巻き起こしそうな気配である。

【注目記事】

パチスロファン必見…北電子が「ジャグラー大明神」開催中!「ジャグ吉」を引き当てろ!!

パチンコ史上「初システム」に続く革命スペック!? 「そんな事が…できるのか…!?」宣言で更なる快進撃の予感!!

甘デジ右打ち「8割10R」の固め打ち! 安定感ピカイチ“金欠時”のお助け台!?

パチスロ『6.1号機・北斗の拳』ついに始動!甘デジ大当り期待度「約98%」ネオ時短など…サミーの激アツ新台が続々!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!