NEW

JRA国枝栄厩舎「牝馬2頭」で日本ダービー・オークスW制覇!? サトノレイナスとアカイトリノムスメ「ポスト・アーモンドアイ」のローテーションは……

【この記事のキーワード】

, ,

 昨年の競馬界は牡馬牝馬の三冠馬誕生など偉業の年となったが、その中でも一番の注目を集めたのが「9冠馬」アーモンドアイだろう。

 新旧・三冠馬対決となったジャパンC(G1)では、コントレイル、デアリングタクトの2頭を退け優勝。最強の名を誇示したまま、自ら引退の花道を飾ったのは記憶に新しいところだ。

 本馬を管理していたのが国枝栄厩舎。過去にはアパパネでも牝馬三冠を達成した名門厩舎だ。アーモンドアイは引退したが、次世代を担う明け3歳馬も粒揃いで、現在のところ9頭が勝ち上がりを決めている。

 中でも注目は、ディープインパクト産駒の「牝馬2頭」、サトノレイナスアカイトリノムスメだろう。

 サトノレイナスは新馬戦とサフラン賞(1勝クラス)を連勝し、阪神JF(G1)でも2着と健闘。アカイトリノムスメは三冠馬アパパネの仔で、デビュー戦こそ7着と敗れたが、未勝利戦、赤松賞(1勝クラス)を連勝しており、その血統からも今後の活躍が大いに期待されている。

 今年の始動戦として現在、2月のクイーンC(G3)と3月のチューリップ賞(G2)の両にらみとなっているアカイトリノムスメ。だが、ここでサトノレイナスも同じくクイーンCから桜花賞(G1)というローテーションが発表された。

 馬主が異なるだけに同じローテーションも考えられなくはないが、同厩だけに使い分けられる可能性が高いのではないかと記者は話す。

「アカイトリノムスメはクイーンCから行けるんじゃないかという話もありましたが、サトノレイナスの方がクイーンCから桜花賞というローテーションに決まったようですね。

国枝調教師はサトノレイナスに対して『2000mは欲しい』っていう話をしていますし、やはり本命は東京2400mでしょう。デビュー戦は東京のマイルでしたが、クイーンCでもう一度東京を試しておきたいという気持ちがあるのかもしれませんね。

牝馬ながら、皐月賞、日本ダービー、菊花賞と、牡馬クラシックにも登録を行っているサトノレイナスですが、一方のアカイトリノムスメに関しては、現在のところ牡馬クラシックへの登録がありません。牝馬クラシック戦線で戦うなら、桜花賞と同コースのチューリップ賞に回るのが妥当な選択ではないでしょうか」(競馬記者)

 国枝調教師はサトノレイナスの日本ダービー(G1)挑戦について、『日刊スポーツ』の取材で「ソダシも登録しているの?じゃあ、ソダシと一緒に走らせるかな」とダービー参戦を思わせる発言をしている。

JRA国枝栄厩舎「牝馬2頭」で日本ダービー・オークスW制覇!? サトノレイナスとアカイトリノムスメ「ポスト・アーモンドアイ」のローテーションは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!