NEW

パチスロ「斬新ハイスペック」ARTマシン「撤去」へ…〇〇で「出玉性能が変化」

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「斬新ハイスペック」ARTマシン「撤去」へ…〇〇で「出玉性能が変化」の画像1

 カプコンとユニバーサルエンターテインメントとの強力タッグ。2021年2月導入予定、アデリオン名義での最新パチスロ『パチスロ バイオハザード7 レジデント イービル』が話題沸騰中のエンターライズはご存じの通り、革新的なマシンを製造することで有名だ。

 2021年1月11日に撤去を余儀なくされる『パチスロ 戦国BASARA3』も、そんな斬新システムを搭載したマシンのひとつ。出玉増加のカギを握る1G純増約2.2枚のART「BASARA FEVER」は、選択した武将で出玉性能が変化するといった大きな特徴を持つ。

 通常時はチャンス役成立でボーナス、自力高確ゾーン「単騎特攻」、ART直撃抽選などが行われ、高確中は単騎特攻当選のチャンス。内部状態は滞在ステージで示唆され、夕方背景は前兆or高確の可能性が高まる。

 そのチャンス役は連続成立の可能性があり、強弱2種類あるBASARA目停止後はチェリーコンボへ突入。以降はチェリーが成立する限り継続し、5連続でチェリーが成立した場合は例外なくARTへ突入する。

 また、チェリーコンボを含めたチェリー停止時は所定の割合でチェリーストック抽選が行われ、当選時は文字通り、チェリーを一旦、内部にストック。ストック時はそのゲームで停止したチェリー、昇格の可能性がある放出チェリーの両方で各種抽選を受けられ、放出したチェリーで再びストックに繋がるケースもある。

 単騎特攻はART突入のメイン契機で、継続ゲーム数は20G+α。消化中は選ばれたミッションをクリアできればART確定で、小役成立→帯の色が変化するほど期待度がアップする。

 自力高確ゾーンは単騎特攻のほかに「一触即発」もあり、こちらは斜めリプレイを機に突入。継続ゲーム数は10or20Gor無限の3パターンで、継続中は全役でARTの一発抽選が行われる。突入時のART期待度は約65%だ。

 ボーナスは「BASARA BONUS」と「武将BONUS」の2種類で、どちらもベルナビ回数で管理。ベルナビ20or30or50or100回の前者は消化中に7絵柄が揃えば、ベルナビ8回の後者はロゴが揃えばARTが約束される。

 ARTは基本1セット40G継続で、「石田三成」選択時は上乗せ当選率、「徳川家康」選択時は上乗せゲーム数が優遇。上乗せ契機は多岐に渡り、チャンス役での直乗せ当選時はほぼ前兆なしで即告知される。

 特化ゾーンは「戦刻ブースト」「連撃乱舞」「武将バトル」の3種類で、戦刻ブーストはリプレイ以外の全役で上乗せ抽選。連撃乱舞はBAR揃いから始まる0G連で、一撃3桁の上乗せも十分に狙える。

 武将バトルはバトル勝利でセット数上乗せ。バトル中はベル以上で攻撃できる仕組みで、勝負の行方はプレイヤーのヒキで大きく左右される。

 ARTラストでの宿敵登場で発動する「決戦モード」は、最大80%継続のループ型上位ART。バトルに勝利する限り継続し、必殺技発動による高継続示唆などもある。

 もちろん、前作でお馴染み「夜BASARA FEVER」も健在で、3or7セット目は移行に期待。首尾よく移行すれば各種上乗せ性能がアップし、大量上乗せが見込める。

 確率65536分の1の「魔王降臨フリーズ」は、決戦モード1セット&ART1セットが確定。消化中は80%継続の0G連で中段チェリーが揃うたびにARTセット数がストックされるので、大量出玉は約束されたも同然だ。

 設定推測要素は弱チェリー出現率、単騎特攻突入率、ART直撃当選率、強スイカを除いたボーナス当選率など。天井は2種類あり、ボーナス&ART間996Gで到達する第1天井は前兆を経てART、ボーナス間1598Gで到達する第2天井は100or200or300Gの夜BASARA FEVER+継続率70or80%の決戦モードがスタートする。

【注目記事】

パチスロ『沖ドキ!』2度の延長も遂に「撤去」へ…沖スロの代表格まで登りつめた「モード式連チャン」機を振り返る

パチンコ「18連1セット」の“爆連”スペック!「人気女優」に会えるマシンなど話題作に期待!!

パチンコ2021年「初打ち実戦」で“超珍事”が発生!? 「勝率7割」を誇る“福男”が起こした悲劇…

パチスロ「斬新ハイスペック」ARTマシン「撤去」へ…〇〇で「出玉性能が変化」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!