NEW

元JRA安藤勝己氏に「騎手引退」を決意させた惨敗から9年。地方からの怪物ダンシングプリンスの「芝挑戦」に託された思い

【この記事のキーワード】, ,

元JRA安藤勝己氏に「現役引退」を決意させた惨敗から9年。地方からの怪物ダンシングプリンスの「芝挑戦」に託された思いの画像1

「思い出に残っとるんは、勝った時よりも惨敗した京阪杯」

 JRA通算1111勝、G1・22勝。笠松のトップジョッキーとして鳴り物入りで中央移籍を果たした“アンカツ”こと安藤勝己騎手は、中央競馬でもその手腕を遺憾なく発揮し、まさに一世を風靡したジョッキーだった。

 そんな安藤氏にとって現役最後の騎乗となったのが、パドトロワと挑んだ2012年11月の京阪杯(G3)だったことは、輝かしい現役時代に埋もれる形であまり知られていない。

「状態良かったのに動かしきれんで、オレは引退を決意した」

 パドトロワが競走生活を終えた際、公式Twitterを通じてそう自身の引退を振り返った安藤氏。件の京阪杯でパドトロワは6番人気だったが、好位から勝負所でズルズルと後退……15着惨敗という現実を突きつけられ、安藤氏は鞭を置くことを決意したようだ。

 あれから8年経った2020年。元主戦騎手からも「種牡馬になれるのは何より」とエールを送られていたパドトロワから、1頭の「傑作」が大きく台頭した。

 安藤氏と同じように、地方競馬から中央競馬にやってきたダンシングプリンス(牡5歳、美浦・宮田敬介厩舎)である。

 もっともダンシングプリンスは一度、中央で挫折し、地方に移籍してから再び中央に帰ってきた、いわゆる出戻りだ。しかし、移籍した船橋で初ダートに挑むと、そこから破竹の3連勝。再び中央に戻ってからも勝利を積み重ね、連勝は6まで伸びた。

 そんな地方から帰ってきた大物の連勝劇が止まったのが、初の重賞挑戦となった前走のカペラS(G3)だった。

 その圧倒的なスピードを活かし、ダートでは常にハナに立ってきたダンシングプリンスだったが、ヒロシゲゴールドにハナを叩かれると、最後の直線では重賞常連の強豪ジャスティンに競り負け。レッドルゼルの差し込みも許し、3着に敗れた。

 この結果を受け、陣営は大胆な策に出た。一昨年以来の「芝レース」への挑戦である。

元JRA安藤勝己氏に「騎手引退」を決意させた惨敗から9年。地方からの怪物ダンシングプリンスの「芝挑戦」に託された思いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は